薬の副作用「たかがシップ薬、されどシップ薬」 2019/4/20

クスリを反対から読むとリスクとなります。

医師が処方する薬、薬局で購入する市販薬、漢方薬など、どんな薬にも多かれ少なかれ副作用というものがあります。医師が薬を処方するときは、予期される副作用を考えて処方していますので、基本的には安心して飲んでいただき、医師や薬剤師から副作用の初期症状について聞いておきましょう。

初期症状が出た場合はどうするのかを予め聞いておくことも大切です。場合によっては、副作用が出ても、すぐに飲むのをやめることが良くない場合もあります。また、ドラッグストアなどで市販薬を購入するときも、薬剤師に副作用について聞いておくことも大切です。

薬の副作用については、誰もが気になることだと思います。薬の副作用は主作用の延長線上で起きるものと主作用とは関係なく起こるものがあります。このような副作用を避けるためには、飲む量を自己都合で勝手に変えることなく、医師や薬剤師の指示通りに服用し、もしも副作用の初期症状があるときは、速やかに相談して指示を受けるようにしましょう。

最近は、痛み止めの成分が入っているシップ薬が多く市販されています。また、整形外科などでシップ薬の処方を受けている方も多いと思います。このようなシップ薬でも、人によっては重篤な副作用を引き起こすことがあります。

例えば、ケトプロフェンという消炎鎮痛薬の成分が含まれているシップ薬としてモーラス®などがありますが、この薬は、人によっては光線過敏症という重篤な皮膚障害を起こすことがあります。シップを貼っているところに日光が当たることで発症します。剥がした後も4週間くらいは皮膚に薬の成分が残っているので発症することがあります。屋外で作業をする方やスポーツ選手などは注意が必要です。

シップ薬に含まれる消炎鎮痛薬の成分は、皮膚から吸収されて全身に回ります。妊娠中にはこの成分が胎児の動脈管という大切な血管を収縮させて胎児に悪影響を及ぼすことがあります。また、シップを大量に貼っている高齢の方で、皮膚から吸収された成分で消化管出血を起こして緊急入院される方もいらっしゃいます。

特に最近では皮膚から成分の吸収がよいシップ薬もあり、大量に使用すると副作用が出やすいものもあります。処方してもらったシップ薬を人にあげたり、もらったりすることは絶対にやめましょう。また、処方された薬をインターネットなどで転売することはシップ薬であっても違法行為となります。

薬には副作用があると聞くと不安な気持ちになるかもしれません。だからといって必要な薬を飲まないことは病気をさらに悪くすることもあります。正しい使い方をすれば副作用が起こる可能性を低くすることができますし、病気の治療には薬は無くてはならないものです。わからないことや不安なことは医師や薬剤師に相談して、薬を安全に安心して使いましょう。

林秀樹  岐阜薬科大学 実践薬学大講座 実践社会薬学研究室 准教授

平成8年 名城大学薬学部卒業、平成10年 静岡県立大学大学院薬学研究科修士課程修了、平成20年博士(薬学)取得。平成10年より岐阜大学医学部附属病院薬剤師、平成17年より静岡県立大学薬学部講師、平成26年より現職。

臨床薬物動態学および薬理遺伝学研究に従事。医薬品の効果や副作用の個人差の原因を解明する臨床研究を行っている。

平成23年東日本大震災、平成28年熊本地震において薬剤師として被災地支援に従事。平成27年バヌアツ共和国サイクロン被害に対する国際緊急援助隊医療チームに薬剤師として参加。

日本医療薬学会指導薬剤師、日本臨床薬理学会指導薬剤師、日本災害医学会災害医療認定薬剤師、日本臨床薬理学会評議員、日本医薬品安全性学会評議員、日本災害医学会評議員、日本災害医療薬剤師学会理事、静岡県立大学薬学部客員准教授、岐阜大学医学部非常勤講師、朝日大学保健医療学部非常勤講師。

PR情報

記事一覧

地球温暖化を考える 〜第2話:水素は無尽蔵で二酸化炭素フリーのエネルギー資源〜

我が国の2014年のエネルギー自給率は僅か6.0%です。 東日本大震災前の2010年は19.9%(2010年)であったので、原子力発電所の稼働停止等により大幅に低下して…

2017/6/20

地球温暖化を考える 〜第1話:「米パリ協定離脱」将来の地球環境は大丈夫か?〜

『地球温暖化』という言葉は、テレビ、新聞、インターネットなどで毎日のように報道されています。2017年6月1日には、「トランプ大統領が、パリ協定からの米国…

2017/6/12

自然と正しくつきあうために 正当にこわがること

身の回りの「毒」と正しくつきあっていくスキルはなんでしょうか。それは化学物質が持っているリスクを正しく理解することにあります。 リスクはもはや日本語…

2017/5/30

自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その2)

前回、形状が山菜と有毒植物が似ているために起こる事故について紹介しましたが、今回も引き続き注意すべき植物を紹介します。 (前回記事:5/10 自然と正しく…

2017/5/20

自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その1)

寒かった冬が終わり、サクラの花が咲き誇る時期になると多くの植物が一斉に活動をはじめます。それは同時に有毒植物を誤食して食中毒のシーズンが始まったこと…

2017/5/10

自分を襲った病気が『糖尿病』であったことは幸運なのか?

前回記事(「4/20 糖尿病だからといって落ち込まないでください」)で、生活習慣が主に原因の糖尿病患者さん(主に2型糖尿病)に対する生活習慣に対する指導は、…

2017/4/30

糖尿病だからといって落ち込まないでください

前回のブログで、高血圧の薬のことを書きましたので、今回は同じ生活習慣病の糖尿病のお薬について書きます。主に食べ過ぎや運動不足によって起こる生活習慣に…

2017/4/20

なぜお薬が貴方の人生をかえるのか〜寿命に効く薬とは?

高血圧の薬について薬局の窓口で患者さんに説明をしておりますとき、私はたまに「これは○○さんの寿命に効きますよ」と説明することがあります。いきなり見ず知…

2017/4/10

〜土壌汚染は何故おきるのか、健康にどのような影響があるのか〜

東京都の豊洲市場の土壌汚染問題が大きな社会問題となっていますが、土壌汚染は何故おきるのか、健康にどのような影響があるのか、また国等では健康被害を防止…

2016/11/30

生物多様性は人類を救う

地球は46億年前に誕生し、その後40億年前に生命が誕生した。以降、生物が進化を続けることにより、現在の「命の星」地球が誕生した。 その間、生物は5回…

2016/11/20

プロフィール

19

達人に質問をする

本学は、美しい金華山と長良川などの自然に恵まれ、また歴史と文化の薫漂う岐阜市の北部に位置し、80有余年に及ぶ歴史の中で、建学の精神である「強く、正しく、明朗に」をモットーに、「人と環境に優しいグリーン・ファーマシー」を基本理念とした薬学教育を通じ、安心で安全な医療に貢献できる薬剤師や、人と環境にやさしい方法で薬を創ることのできる研究者や技術者を養成しています。

地域に生き、世界に伸びる大学として、今までの実績を基にさらに発展し続ける努力を重ねております。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ一時雨
17 ℃/8 ℃
東京
曇り一時雨
13 ℃/6 ℃
大阪
曇り一時雨
14 ℃/9 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集