食品の安全性を考える@ 〜天然由来成分は本当に安全なのか?〜 2019/9/10

 食物を食べるということは、我々人間が毎日行うごく当たり前の行為であり、また生きていく上で必要不可欠なものです。それ故に、食品は安全なものでなければなりません。現在のわが国においては、おそらくほとんどの方が安全性を疑うことなく毎日の食生活を送っていると思いますが、食品には必ずしも体に必要なものばかりが含まれているわけではありません。すなわち体には必要のないものや、体にはよくないものが含まれていることもあります。
 
 つまり食物を食べるという行為は、必ずしもベネフィット(利益)だけでなくリスク(危険性)も伴う可能性もあるのです。今回のシリーズでは、食品の安全性について考えてみたいと思います。

天然着色料と合成着色料

 突然ですが質問です。お菓子屋さんに、キャンディーを買いに行きました。皆さんは、図の@天然着色料を使ったキャンディー、A合成着色料を使ったキャンディー、のどちらのキャンディーを選びますか?おそらく多くの方が、@の天然着色料を使ったキャンディーを選ばれると思います。それはなぜでしょうか?合成品より天然由来のものの方が安全であると考えているからではないでしょうか?しかしその判断には、大きな誤解があると思います。

「天然由来=安全」という幻想

 「天然由来」という宣伝文句は、CMでよく耳にします。それは「天然由来=安全」というイメージがあるからだと思います。果たして本当にそうでしょうか?実は天然由来成分であっても生体にとっていわゆる「毒」になるものは、数多く存在します。

 皆さんがよくご存じの例としましては、毒キノコの成分やフグ毒などがあげられます。このように毒を含む食物を摂取する機会はあまりありませんので、これらは極めて例外的なものと思われるかもしれませんが、私たちが普段からよく食する食品の中にも、毒物が含まれている例があります。例えば、じゃがいもの新芽部分は習慣的に調理前に取り除いていると思いますが、この部分にはソラニンやチャコニンという毒物が含まれており、たくさん摂取すると死に至る場合もあります。他にも代表的な山菜であるワラビには、プタキロシドと呼ばれる発がん性の毒物が含まれています。一般的にワラビは食する前に重曹(炭酸水素ナトリウム)を含む熱湯であく抜きを行いますが、これはプタキロシドなどの毒素を抜く効果があるためです。

 このように我々の身の回りには、天然由来の毒が数多く存在していることから、必ずしも「天然由来」という理由だけで、安全性が担保されるわけではないことがお分かりいただけると思います。食の安全性は、こういった先入観にとらわれるのではなく、常に科学的根拠に基づいて冷静に判断されなければなりません。

 次回は食品中に存在するリスクについてのお話しをする予定です。

中西 剛(ナカニシ ツヨシ)
岐阜薬科大学 生命薬学大講座 衛生学研究室 教授

平成5年 大阪大学薬学部薬学科卒業。平成7年大阪大学大学院薬学研究科 博士 前期課程修了、平成10年同研究科 大阪大学大学院薬学研究科博士後期課程修了 博士(薬学)号取得
同年4月に 大阪大学大学院薬学研究科 毒性学分野 助手として着任、内分泌かく乱化学物質に関する研究に従事。
平成20年 岐阜薬科大学 衛生学研究室 准教授、平成30年より現職。

社会活動:
内閣府食品安全委員会 専門委員(令和元年10月より)
岐阜県環境影響評価審査会 委員

賞罰:
平成30年 日本薬学会学術振興賞 受賞、日本毒性学会日化協LRI賞 受賞 他

現在は、内分泌かく乱化学物質に関する研究に加え、化学物質によって誘発される生殖発生毒性、免疫毒性、脂質代謝異常、神経毒性などに関する分子メカニズムの解明や毒性試験法の開発などを行っている。

PR情報

記事一覧

地球温暖化を考える 〜第2話:水素は無尽蔵で二酸化炭素フリーのエネルギー資源〜

我が国の2014年のエネルギー自給率は僅か6.0%です。 東日本大震災前の2010年は19.9%(2010年)であったので、原子力発電所の稼働停止等により大幅に低下して…

2017/6/20

地球温暖化を考える 〜第1話:「米パリ協定離脱」将来の地球環境は大丈夫か?〜

『地球温暖化』という言葉は、テレビ、新聞、インターネットなどで毎日のように報道されています。2017年6月1日には、「トランプ大統領が、パリ協定からの米国…

2017/6/12

自然と正しくつきあうために 正当にこわがること

身の回りの「毒」と正しくつきあっていくスキルはなんでしょうか。それは化学物質が持っているリスクを正しく理解することにあります。 リスクはもはや日本語…

2017/5/30

自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その2)

前回、形状が山菜と有毒植物が似ているために起こる事故について紹介しましたが、今回も引き続き注意すべき植物を紹介します。 (前回記事:5/10 自然と正しく…

2017/5/20

自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その1)

寒かった冬が終わり、サクラの花が咲き誇る時期になると多くの植物が一斉に活動をはじめます。それは同時に有毒植物を誤食して食中毒のシーズンが始まったこと…

2017/5/10

自分を襲った病気が『糖尿病』であったことは幸運なのか?

前回記事(「4/20 糖尿病だからといって落ち込まないでください」)で、生活習慣が主に原因の糖尿病患者さん(主に2型糖尿病)に対する生活習慣に対する指導は、…

2017/4/30

糖尿病だからといって落ち込まないでください

前回のブログで、高血圧の薬のことを書きましたので、今回は同じ生活習慣病の糖尿病のお薬について書きます。主に食べ過ぎや運動不足によって起こる生活習慣に…

2017/4/20

なぜお薬が貴方の人生をかえるのか〜寿命に効く薬とは?

高血圧の薬について薬局の窓口で患者さんに説明をしておりますとき、私はたまに「これは○○さんの寿命に効きますよ」と説明することがあります。いきなり見ず知…

2017/4/10

〜土壌汚染は何故おきるのか、健康にどのような影響があるのか〜

東京都の豊洲市場の土壌汚染問題が大きな社会問題となっていますが、土壌汚染は何故おきるのか、健康にどのような影響があるのか、また国等では健康被害を防止…

2016/11/30

生物多様性は人類を救う

地球は46億年前に誕生し、その後40億年前に生命が誕生した。以降、生物が進化を続けることにより、現在の「命の星」地球が誕生した。 その間、生物は5回…

2016/11/20

プロフィール

19

達人に質問をする

本学は、美しい金華山と長良川などの自然に恵まれ、また歴史と文化の薫漂う岐阜市の北部に位置し、80有余年に及ぶ歴史の中で、建学の精神である「強く、正しく、明朗に」をモットーに、「人と環境に優しいグリーン・ファーマシー」を基本理念とした薬学教育を通じ、安心で安全な医療に貢献できる薬剤師や、人と環境にやさしい方法で薬を創ることのできる研究者や技術者を養成しています。

地域に生き、世界に伸びる大学として、今までの実績を基にさらに発展し続ける努力を重ねております。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
12 ℃/3 ℃
東京
曇り時々晴れ
11 ℃/5 ℃
大阪
晴れ時々曇り
12 ℃/5 ℃
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集