食品の安全性を考えるA 〜食品中に存在するリスクって何?〜 2019/10/4

 今回も前回に引き続き、食品の安全性についてのお話です。今回は食品中に存在するリスクについて考えてみたいと思います。

前回記事『食品の安全性を考える@ 〜天然由来成分は本当に安全なのか?〜

健康被害の頻度が高い食品中のリスク因子

 皆さんは食品中に存在する体によくないもの(リスク因子)といえば、何を思い浮かべますか?おそらく農薬とか食品添加物とか、そういった類いのものを想像されるのではないかと思います。もちろん農薬とか食品添加物のリスクを考えることも重要ですが、私たちの食生活においてはこれらによる健康影響の頻度よりも、もっと出会う頻度の高いリスク因子が存在します。それは細菌類やウイルスです。

 平成30年度の食中毒発生件数は1,330件、患者数は17,282人でしたが、化学物質が原因で発生した食中毒は発生件数、患者数ともに全体のわずか2%程度でした。その一方で、細菌類、ウイルスが原因で発生した食中毒の発生件数は、全体の55%、患者数に至っては全体の約90%を占めています。いかに細菌類やウイルスが、食品の安全性を議論する際の大きなリスク要因となっているかがお分かりいただけると思います。

 細菌類の中で最も食中毒の発生頻度の高いものとしては、カンピロバクターがあげられます。細菌性食中毒の7割近くは、カンピロバクターによるものです。カンピロバクターは多くの動物の腸管内に広く常在菌として生息しています。ニワトリ、ウシ等の家禽や家畜をはじめ、イヌ、ネコなどのペットも保菌しています。そのためカンピロバクターによる食中毒には季節性がなく、1年を通して発生します。この他にも食中毒を引き起こす主な細菌類としては、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ菌、ウエルシュ菌、黄色ブドウ球菌、病原性大腸菌などがあげられます。

 一方でウイルス性食中毒の代表格はノロウイルスです。実にウイルス性食中毒の約95%が、ノロウイルスが原因となっています。ノロウイルスによる食中毒には季節性があり、秋頃から春にかけて流行します。また一度の事例で発生する患者数が多く、平成30年度の食中毒患者の約半数はノロウイルスが原因となっています。これはノロウイルスの感染力が非常に強いため、家庭や施設などで患者が発生すると、二次感染を起こし、集団感染(発生)を引き起こすことが要因であると考えられます。

食中毒を引き起こす病原体の特徴とその予防

 細菌性食中毒は大きく分けて2つのタイプに分かれます。一つは細菌自体が体の中に侵入して食中毒を引き起こすタイプ、もう一つは細菌が作る毒素が体の中に侵入して食中毒を引き起こすタイプです。もう少し詳しく説明しますと、前者は食べる前に食品中で細菌が生きていないと発症しません。細菌類の多くは熱に弱いので、こちらのタイプでは食前加熱が食中毒の予防に有効である場合は多いです。これに対し後者は、細菌が死滅していても食品中に毒素が残っていると発症するのが特徴です。一般的に細菌類が作る毒素は熱に強いものが多いので、こちらのタイプは食前加熱をしても、毒素で食品が汚染されていると食中毒を発症するリスクが高くなります。黄色ブドウ球菌による食中毒は、こちらのタイプになります。一方でウイルスは、ウイルス自体が体の中に侵入して食中毒を発症しますが、こちらも熱に弱いので、食前加熱で発症を予防することが可能です。

 通常、皆さんが食べる直前の食品は、完全に無菌の状態ではありません。大なり小なり何らかの微生物が存在しています。一方で、我々の体には免疫という病原体から体を守る機能が備わっていますので、少しぐらいは微生物が体に侵入しても、病気を発症せずに排除することができます。つまり、これらの微生物による食品汚染が食中毒を発生する量よりも少なければ健康被害はありませんが、その閾値(限界値)を超えてしまうと食中毒を発症します。食中毒を防ぐには、手洗いや清潔な調理器具を用いて食品に病原体を付けないことが第一です。またもし気づかないうちに汚染してしまった場合でも、これらの病原菌を増やさないようにコントロールすることが重要です。このコントロールには加熱調理や冷蔵保存が有効な手段ですが、これに加えて保存料などの食品添加物も非常に重要な役割を果たしています。

 次回は、保存料などの食品添加物の安全性について、お話しをしたいと思います。

中西 剛(ナカニシ ツヨシ)
岐阜薬科大学 生命薬学大講座 衛生学研究室 教授

平成5年 大阪大学薬学部薬学科卒業。平成7年大阪大学大学院薬学研究科 博士 前期課程修了、平成10年同研究科 大阪大学大学院薬学研究科博士後期課程修了 博士(薬学)号取得
同年4月に 大阪大学大学院薬学研究科 毒性学分野 助手として着任、内分泌かく乱化学物質に関する研究に従事。
平成20年 岐阜薬科大学 衛生学研究室 准教授、平成30年より現職。

社会活動:
内閣府食品安全委員会 専門委員(令和元年10月より)
岐阜県環境影響評価審査会 委員

賞罰:
平成30年 日本薬学会学術振興賞 受賞、日本毒性学会日化協LRI賞 受賞 他

現在は、内分泌かく乱化学物質に関する研究に加え、化学物質によって誘発される生殖発生毒性、免疫毒性、脂質代謝異常、神経毒性などに関する分子メカニズムの解明や毒性試験法の開発などを行っている。

PR情報

記事一覧

地球温暖化を考える 〜第2話:水素は無尽蔵で二酸化炭素フリーのエネルギー資源〜

我が国の2014年のエネルギー自給率は僅か6.0%です。 東日本大震災前の2010年は19.9%(2010年)であったので、原子力発電所の稼働停止等により大幅に低下して…

2017/6/20

地球温暖化を考える 〜第1話:「米パリ協定離脱」将来の地球環境は大丈夫か?〜

『地球温暖化』という言葉は、テレビ、新聞、インターネットなどで毎日のように報道されています。2017年6月1日には、「トランプ大統領が、パリ協定からの米国…

2017/6/12

自然と正しくつきあうために 正当にこわがること

身の回りの「毒」と正しくつきあっていくスキルはなんでしょうか。それは化学物質が持っているリスクを正しく理解することにあります。 リスクはもはや日本語…

2017/5/30

自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その2)

前回、形状が山菜と有毒植物が似ているために起こる事故について紹介しましたが、今回も引き続き注意すべき植物を紹介します。 (前回記事:5/10 自然と正しく…

2017/5/20

自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その1)

寒かった冬が終わり、サクラの花が咲き誇る時期になると多くの植物が一斉に活動をはじめます。それは同時に有毒植物を誤食して食中毒のシーズンが始まったこと…

2017/5/10

自分を襲った病気が『糖尿病』であったことは幸運なのか?

前回記事(「4/20 糖尿病だからといって落ち込まないでください」)で、生活習慣が主に原因の糖尿病患者さん(主に2型糖尿病)に対する生活習慣に対する指導は、…

2017/4/30

糖尿病だからといって落ち込まないでください

前回のブログで、高血圧の薬のことを書きましたので、今回は同じ生活習慣病の糖尿病のお薬について書きます。主に食べ過ぎや運動不足によって起こる生活習慣に…

2017/4/20

なぜお薬が貴方の人生をかえるのか〜寿命に効く薬とは?

高血圧の薬について薬局の窓口で患者さんに説明をしておりますとき、私はたまに「これは○○さんの寿命に効きますよ」と説明することがあります。いきなり見ず知…

2017/4/10

〜土壌汚染は何故おきるのか、健康にどのような影響があるのか〜

東京都の豊洲市場の土壌汚染問題が大きな社会問題となっていますが、土壌汚染は何故おきるのか、健康にどのような影響があるのか、また国等では健康被害を防止…

2016/11/30

生物多様性は人類を救う

地球は46億年前に誕生し、その後40億年前に生命が誕生した。以降、生物が進化を続けることにより、現在の「命の星」地球が誕生した。 その間、生物は5回…

2016/11/20

プロフィール

19

達人に質問をする

本学は、美しい金華山と長良川などの自然に恵まれ、また歴史と文化の薫漂う岐阜市の北部に位置し、80有余年に及ぶ歴史の中で、建学の精神である「強く、正しく、明朗に」をモットーに、「人と環境に優しいグリーン・ファーマシー」を基本理念とした薬学教育を通じ、安心で安全な医療に貢献できる薬剤師や、人と環境にやさしい方法で薬を創ることのできる研究者や技術者を養成しています。

地域に生き、世界に伸びる大学として、今までの実績を基にさらに発展し続ける努力を重ねております。

関連リンク

ピックアップ

  • サンタ休んでマス
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
14 ℃/--
東京
晴れ
13 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
15 ℃/--
  • 東名, 名神, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集