新しい糖尿病治療薬:経口GLP-1作動薬 2019/10/30

第1回記事:新しい糖尿病治療薬
第2回記事:新しい糖尿病治療薬:グリフロジン製剤

筆者が薬学生だった頃、「タンパク質のような高分子は消化管から吸収されない」と習いました。私たちの消化管は口から摂取した様々なタンパク質などの高分子を、分解・消化して、サイズの小さいペプチドやアミノ酸として吸収します。

GLP-1は食後に分泌される消化管ホルモンであり、血糖の量に応じてすい臓でのインスリン分泌を増強させ、また満腹中枢を刺激して満腹感を与えます(その他の作用も持ち合わせます)。そのため、低血糖を起こしにくく、糖尿病の大敵である肥満も抑制することから、新しい糖尿病治療薬として注目されています。

私たちの体の中で作られるGLP-1は、体内にある酵素で速やかに切断され、薬理活性を失います。このホルモンが分泌されて分解されるまでは90秒ほどと言われていますので、このままでは点滴で投与しない限り糖尿病治療には使えません。そこで研究者たちは、酵素に切れにくいGLP-1の様な作用を持つタンパク質を生み出し(GLP-1作動薬)、治療に使えるようにしました。しかし、冒頭のように消化管からそのまま吸収させるには無理がありますので、注射剤として登場したのです。

いくらGLP-1の治療効果が高いと言われても、いきなり「注射」それもインスリンと同じように患者自らがペン型の注射器を使って「自己注射」を強いられることは、患者にとってハードルが高いもの。何とか治療コンプライアンスを向上させることはできないものかと、研究者たちはさらに工夫を重ねました。

今回登場した経口GLP-1作動薬は、分解されにくいGLP-1様タンパク質であるセマグルチドに、消化管からの吸収を補助する物質を加えて錠剤にしたもので、1日1回服用することで血糖降下作用が得られるものです。我が国では7月に承認申請が行われ、現在審査中ですが、米国や欧州では既に承認され臨床現場で使われており、治療効果を上げているそうです。新しい治療選択肢が広がることで、様々な糖尿病の病態に対応した有効な治療が期待されています。

ところで、注射や錠剤に頼らず、GLP-1を増やす方法があることをご存知ですか?

ある研究者によると、咀嚼によりGLP-1の分泌量が増えるとのこと。このシリーズ1回目にも書きましたが、糖尿病は摂取するエネルギー量と消費するエネルギー量のアンバランスが一因です。

運動とともに食生活を見直し、バランスの良い食事を、ゆっくりよく噛んで味わいながら頂き、昔から言われるように腹八分を心がけることが肝要なのでしょう。

早食いは決してお勧めできません。


塚本桂 岐阜薬科大学 実践薬学大講座 グローバルレギュラトリーサイエンス研究室 教授

1989年岐阜薬科大学卒業後、一製薬企業において、一貫して基礎薬理研究および開発研究に従事。

この間、岐阜薬科大学にて薬学博士を取得し、2003年に大分医科大学、2004-6年にベルギー・ルーバンカソリック大学に留学(膵B細胞分子生理学研究に従事)。

2013年12月、25年間の製薬企業勤務に別れを告げ、岐阜薬科大学グローバル・レギュラトリー・サイエンス寄附講座講座特任教授に就任。

2018年4月より現職。企業経験を生かしたレギュラトリーサイエンス研究(医薬品開発の効率化、規制の影響などを多角的に評価)を実施中。家族、友人、サイエンスとイタリアン・ヒストリックカーをこよなく愛する自由人。

PR情報

記事一覧

地球温暖化を考える 〜第2話:水素は無尽蔵で二酸化炭素フリーのエネルギー資源〜

我が国の2014年のエネルギー自給率は僅か6.0%です。 東日本大震災前の2010年は19.9%(2010年)であったので、原子力発電所の稼働停止等により大幅に低下して…

2017/6/20

地球温暖化を考える 〜第1話:「米パリ協定離脱」将来の地球環境は大丈夫か?〜

『地球温暖化』という言葉は、テレビ、新聞、インターネットなどで毎日のように報道されています。2017年6月1日には、「トランプ大統領が、パリ協定からの米国…

2017/6/12

自然と正しくつきあうために 正当にこわがること

身の回りの「毒」と正しくつきあっていくスキルはなんでしょうか。それは化学物質が持っているリスクを正しく理解することにあります。 リスクはもはや日本語…

2017/5/30

自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その2)

前回、形状が山菜と有毒植物が似ているために起こる事故について紹介しましたが、今回も引き続き注意すべき植物を紹介します。 (前回記事:5/10 自然と正しく…

2017/5/20

自然と正しくつきあうために 有毒植物誤食について(その1)

寒かった冬が終わり、サクラの花が咲き誇る時期になると多くの植物が一斉に活動をはじめます。それは同時に有毒植物を誤食して食中毒のシーズンが始まったこと…

2017/5/10

自分を襲った病気が『糖尿病』であったことは幸運なのか?

前回記事(「4/20 糖尿病だからといって落ち込まないでください」)で、生活習慣が主に原因の糖尿病患者さん(主に2型糖尿病)に対する生活習慣に対する指導は、…

2017/4/30

糖尿病だからといって落ち込まないでください

前回のブログで、高血圧の薬のことを書きましたので、今回は同じ生活習慣病の糖尿病のお薬について書きます。主に食べ過ぎや運動不足によって起こる生活習慣に…

2017/4/20

なぜお薬が貴方の人生をかえるのか〜寿命に効く薬とは?

高血圧の薬について薬局の窓口で患者さんに説明をしておりますとき、私はたまに「これは○○さんの寿命に効きますよ」と説明することがあります。いきなり見ず知…

2017/4/10

〜土壌汚染は何故おきるのか、健康にどのような影響があるのか〜

東京都の豊洲市場の土壌汚染問題が大きな社会問題となっていますが、土壌汚染は何故おきるのか、健康にどのような影響があるのか、また国等では健康被害を防止…

2016/11/30

生物多様性は人類を救う

地球は46億年前に誕生し、その後40億年前に生命が誕生した。以降、生物が進化を続けることにより、現在の「命の星」地球が誕生した。 その間、生物は5回…

2016/11/20

プロフィール

19

達人に質問をする

本学は、美しい金華山と長良川などの自然に恵まれ、また歴史と文化の薫漂う岐阜市の北部に位置し、80有余年に及ぶ歴史の中で、建学の精神である「強く、正しく、明朗に」をモットーに、「人と環境に優しいグリーン・ファーマシー」を基本理念とした薬学教育を通じ、安心で安全な医療に貢献できる薬剤師や、人と環境にやさしい方法で薬を創ることのできる研究者や技術者を養成しています。

地域に生き、世界に伸びる大学として、今までの実績を基にさらに発展し続ける努力を重ねております。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
11 ℃/--
東京
晴れ後曇り
10 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
11 ℃/--
  • 東名, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集