「配偶者控除」は一体どこへ?? 2016/10/12

10月1日から社会保険の130万円の壁が106万円の壁へ下がり、非正規社員の雇用形態に大きな影響を与えたところですが、次の税金の壁として、103万円の壁である「配偶者控除」がなくなる話を前回書いたきました。ところが、11月の提言を待たずして、早々になくなる話はなくなり・・・・ました。

すでにご存じのように、2017年度の税制改正において、専業主婦世帯が優遇されてきた「配偶者控除」制度をなくして、「夫婦控除」を新たに作ろうという方向が示されていました。しかし結局は選挙結果を懸念して挫折の様相となっています。情けない。

「配偶者控除」は、妻の年収が103万円以下であれば、所得税が軽減されるというものです。もともと103万円以下の人は、誰しもが受け取れる基礎控除(38万円)と給与所得控除(65万円)があるため、所得税を支払わなくてもよく、さらに「配偶者控除」によって世帯主の税金軽減されるというものです。

安倍首相が「働き方改革」の中で「配偶者控除」の見直しを指示したことによって出てきたのが「夫婦控除」ですが、いつもの見直し議論に比べて、具体案が現れたことで、今年こそ実現するのではないかと思われましたが、結局は例年通りとなりました。「夫婦控除」は、中間所得層の負担増への懸念が強かったためです。

今後は、「配偶者控除」の廃止ではなく、年収103万円以下の年収制限の引き上げを優先する方向となりそうです。今のところは、年収150万円以下に広げる案が出てきています。妻の収入が103万円超150万円以下で、夫の年収が1000万円以下の世帯ならば減税になるというものです。

控除を受けるために働く時間を短くしていた主婦が、より長い時間働けるようにする効果を期待しているとのことですが、専業主婦の優遇措置がさらに拡大されるので、「配偶者控除」廃止とは逆行しているかに見えます。控除を受けずに働く人からは「なぜ??」とも思える方向に走っていくようです。

もう一つの検討案は、現行は夫の年収要件は「なし」ですが、夫の年収が1000万円超の世帯は配偶者控除がなくなり負担増となるというものです。これは150万円以下まで妻の年収要件を引き上げると税収が落ち込むので、財源を確保するために検討されます。

いずれにせよ、主婦パートは非正規雇用の4割を占め、約804万人とかなりの人数となっています。今後労働力が減る中、主婦パートが戦力であることは確かですが、いかにフルタイムの人との公平感がある税制にするかが課題となります。

【家計簿診断やお金についての相談をお待ちしています】
家計簿の診断だけではなく、お金についての相談もお待ちしています。家計簿診断を希望される方は、下記項目をコピーして【達人に質問する】から、収入と支出を直接入力してください。ブログで取り上げられた方にはクオカード1000円分をプレゼントします。

PR情報

記事一覧

こども保険(学資保険)は必要?

「出産とともにこども保険(学資保険)に入らなきゃっ」と思っている人は多いですね。ずっと公立でも大学卒業までに一人約1000万円もかかるとすれば、毎月の家…

2014/10/30

贈与時の注意点!

2015年1月から相続税の基礎控除額が40%縮小することはご存知の通りです。これまで4%だった納税対象者が10%に増加するとも言われています。 定額控除額が5000万…

2014/10/8

NISA再び!

NISAについて、以前に書きましたが、非課税枠が100万円から120万円に拡充されたり、ジュニア版NISAが出るようなので、今後のNISAについてみてみましょう。 NIS…

2014/9/19

貯蓄を増やすには、収入アップか支出切り詰めしかない!

今回は久しぶりの家計簿診断です。読者の「アップルパイ」さんからのご依頼です。 【相談】 夫41歳、妻35歳、長女4歳、次女0歳。住宅ローンがあと33年残ってお…

2014/9/4

あなたの給料は「最低賃金」以上ですか?

パートにせよ、アルバイトにせよ、貰っている賃金が「最低賃金」以上かどうかって考えたこと、ありますか?「最低賃金」とは、働いている人が貰う最低の賃金の…

2014/8/22

「子ども・子育て支援新制度」が来年から始まるのを知ってますか?

「子ども・子育て支援新制度」は、2012年8月に成立したもので、来年の4月から始まります。 これまで親の働く状況によって望む教育が受けられなかったり、家庭…

2014/7/29

介護費用の負担が2割になるって本当?

来年(2015年4月)から「介護保険」が変わろうとしています。新たに「地域医療・介護総合推進法」が6月18日に成立しました。これによって、現在約458万人が利用し…

2014/7/6

消費増税の影響は?

消費増税が始まって3ヶ月になろうとしていますが、皆さんの家計はどうですか?世論調査によると、「4月から消費税率が8%に上がった後、家計支出に影響が出たか…

2014/6/16

これからの女性の働き方−配偶者控除見直しが見送られ−

アベノミクスでは、少子高齢化が進む中、働き手が少なくなり、経済が低迷したり、年金や医療などの社会保障の担い手が減る(労働力不足)として、女性が働くこと…

2014/6/5

車はいつが買い時か?

5月は自動車税の季節です。6月2日までに納めましょう。以前、軽自動車税の変更について書きましたが、読者の「ちょこ」さんから 「車はいつ買い換えるのがいい…

2014/5/20

プロフィール

19

達人に質問をする

あなたの家計簿診断します。「達人に質問する」からご応募ください。

岐阜大学教育学部教授・博士

京都市生まれ。ノートルダム女子大学(京都)文学部卒業。大阪市立大学大学院生活科学研究科後期博士課程修了。

現在、岐阜大学教育学部教授・博士(学術)、放送大学客員教授。

家庭経済学、家庭経営学、家族関係学、アーミッシュ研究等の講義を担当。

放送大学ではラジオで「生活経済学」の講義を担当(2012〜2016年)。

主な著書 『ちほ先生の家計簿診察室』(名古屋リビング新聞社2002年)、名古屋リビング新聞社、大阪リビング新聞社で家計簿相談を20年ほど担当。

『お金と暮らしの生活術』(昭和堂2012年)、『仕事・所得と資産選択』(放送大学教育振興会2008年)、『アーミッシュの謎』(共訳、論創社1996年)、『アーミッシュの学校』(共訳、論創社2004年)、『アーミッシュの昨日・今日・明日』(共訳、論創社2009年)、『生活経済学』(放送大学教育振興会2012年)など。

趣味:毎日家計簿をつけること。ただし買い物好きなので家計チェックは自分にはあまり生かせていないかも・・・・・

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ後時々曇り
11 ℃/2 ℃
東京
晴れ後曇り
10 ℃/2 ℃
大阪
晴れ後曇り
11 ℃/4 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集