年末調整の時期。「控除」ってそもそも何? 2016/11/9

11月に入ると、会社員や公務員は「年末調整」の季節になります。毎月払っている所得税は途中で子どもが増えたりしても、修正されておらず、そのまま徴収されているので(概算)、1年の最後に総決算(控除を再計算)をして所得税を調整することを言います。これをしておくと手取りが増えることもあります(払いすぎた税金は還付されます)。

ここでも「控除」という言葉がでてきます。以前も「配偶者控除」を取り上げましたが、この「控除」という言葉。日常語ではないので、ピンときませんよね。辞典では、「計算の対象からある金額・数量を差し引くこと」と説明しています。

一番よく聞くのが「所得控除」です。働くと給与が貰えますが、その給与所得にかかるのが「所得税」です。所得税は年収に税率をかけて求めているのではありません。

まずは家族形態に応じて「所得控除」を引いて、これに税金をかけてね。という「課税所得」を計算します。所得控除は沢山ありますが、皆さんに関係するものを見ておきましょう。

まずは給料が会社からであれば必要経費として「給与所得控除」があり、年収に応じて概算で引いて貰えます。その後、すべての人に対して「基礎控除」38万円が引かれます。

次に「社会保険料控除」。これは健康保険や国民年金などを支払っていた分が差し引かれます。生命保険料も支払った金額に応じて、個人年金にも控除額が設定されています。医療費も自己負担額が年間10万円を超えると、超えた額が引かれます。

結婚して扶養していれば、先回から問題となっていた「配偶者控除」が38万円あります。これはこれまで見てきたように年収103万円以下の配偶者がいる場合に税負担を軽くしてあげましょう。という意味でもうけられました。また配偶者の年収が141万円未満(夫の合計所得が1千万円以下)なら、段階的に減りはするものの、「配偶者特別控除」が最高38万円引かれます。

子どもや高齢の父母がいる場合は、16歳〜18歳、23歳〜69歳は「一般扶養控除」として一人あたり38万円、70歳以上(同居の場合は10万円の加算)は「老人扶養控除」として48万円が引かれます。一方、19歳〜22歳の子どもがいる場合は「特定扶養控除」が一人あたり63万円差し引かれます。

他にも寄付控除などもあります。これら全てを年収から引いた残りの金額に課税がされます。これが「算出税額」です。よく聞く住宅ローン控除は、「所得控除」ではなくて、「税額控除」という分類になります。これには他に「配当控除」などがあります。

これらは課税所得に税率をかけた後の「算出税額」にかかるので、税率による差はなく、一律に税負担が軽減されるという効果があります。「算出税額」から「税額控除」を引いたものが「所得税」となります。

ちなみに医療費控除や寄付金控除は「年末調整」では計算しないので、控除を受けるためには、サラリーマンであっても「確定申告」をしなければならないので注意が必要ですね。

【家計簿診断やお金についての相談をお待ちしています】
家計簿の診断だけではなく、お金についての相談もお待ちしています。家計簿診断を希望される方は、下記項目をコピーして【達人に質問する】から、収入と支出を直接入力してください。ブログで取り上げられた方にはクオカード1000円分をプレゼントします。

PR情報

記事一覧

こども保険(学資保険)は必要?

「出産とともにこども保険(学資保険)に入らなきゃっ」と思っている人は多いですね。ずっと公立でも大学卒業までに一人約1000万円もかかるとすれば、毎月の家…

2014/10/30

贈与時の注意点!

2015年1月から相続税の基礎控除額が40%縮小することはご存知の通りです。これまで4%だった納税対象者が10%に増加するとも言われています。 定額控除額が5000万…

2014/10/8

NISA再び!

NISAについて、以前に書きましたが、非課税枠が100万円から120万円に拡充されたり、ジュニア版NISAが出るようなので、今後のNISAについてみてみましょう。 NIS…

2014/9/19

貯蓄を増やすには、収入アップか支出切り詰めしかない!

今回は久しぶりの家計簿診断です。読者の「アップルパイ」さんからのご依頼です。 【相談】 夫41歳、妻35歳、長女4歳、次女0歳。住宅ローンがあと33年残ってお…

2014/9/4

あなたの給料は「最低賃金」以上ですか?

パートにせよ、アルバイトにせよ、貰っている賃金が「最低賃金」以上かどうかって考えたこと、ありますか?「最低賃金」とは、働いている人が貰う最低の賃金の…

2014/8/22

「子ども・子育て支援新制度」が来年から始まるのを知ってますか?

「子ども・子育て支援新制度」は、2012年8月に成立したもので、来年の4月から始まります。 これまで親の働く状況によって望む教育が受けられなかったり、家庭…

2014/7/29

介護費用の負担が2割になるって本当?

来年(2015年4月)から「介護保険」が変わろうとしています。新たに「地域医療・介護総合推進法」が6月18日に成立しました。これによって、現在約458万人が利用し…

2014/7/6

消費増税の影響は?

消費増税が始まって3ヶ月になろうとしていますが、皆さんの家計はどうですか?世論調査によると、「4月から消費税率が8%に上がった後、家計支出に影響が出たか…

2014/6/16

これからの女性の働き方−配偶者控除見直しが見送られ−

アベノミクスでは、少子高齢化が進む中、働き手が少なくなり、経済が低迷したり、年金や医療などの社会保障の担い手が減る(労働力不足)として、女性が働くこと…

2014/6/5

車はいつが買い時か?

5月は自動車税の季節です。6月2日までに納めましょう。以前、軽自動車税の変更について書きましたが、読者の「ちょこ」さんから 「車はいつ買い換えるのがいい…

2014/5/20

プロフィール

19

達人に質問をする

あなたの家計簿診断します。「達人に質問する」からご応募ください。

岐阜大学教育学部教授・博士

京都市生まれ。ノートルダム女子大学(京都)文学部卒業。大阪市立大学大学院生活科学研究科後期博士課程修了。

現在、岐阜大学教育学部教授・博士(学術)、放送大学客員教授。

家庭経済学、家庭経営学、家族関係学、アーミッシュ研究等の講義を担当。

放送大学ではラジオで「生活経済学」の講義を担当(2012〜2016年)。

主な著書 『ちほ先生の家計簿診察室』(名古屋リビング新聞社2002年)、名古屋リビング新聞社、大阪リビング新聞社で家計簿相談を20年ほど担当。

『お金と暮らしの生活術』(昭和堂2012年)、『仕事・所得と資産選択』(放送大学教育振興会2008年)、『アーミッシュの謎』(共訳、論創社1996年)、『アーミッシュの学校』(共訳、論創社2004年)、『アーミッシュの昨日・今日・明日』(共訳、論創社2009年)、『生活経済学』(放送大学教育振興会2012年)など。

趣味:毎日家計簿をつけること。ただし買い物好きなので家計チェックは自分にはあまり生かせていないかも・・・・・

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
12 ℃/--
東京
雪か雨のち曇り
6 ℃/--
大阪
曇り時々晴れ
11 ℃/--
  • 東名, 東名阪道, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集