とうとう高齢者の医療と介護負担増に。現役世代の保険料も引き上げ 2016/11/24

高齢化が進み、医療費や介護費が増加する中、一定の所得がある高齢者には負担をしてもらおうという方向が強まっています。

まず医療ですが、ご存じのように「後期高齢者医療制度」は、2008年に始まった75歳以上の高齢者を対象とした制度です。給付の5割は税金、4割は現役世代の支援金、1割は75歳以上の高齢者の保険料でまかなっています。

専業主婦(169万人)は75歳になって初めて保険料を払うことになるので、当初から負担軽減のために、9割減で負担を1割の1ヶ月390円とする特例措置を導入してきました。また低所得者(夫婦の年金収入80万円以下の747万人)に対しても特例措置として1割負担としていました。これら75歳以上の高齢者の約6割を占めている人々の特例措置が見直され、保険料が徐々に上がる見込みです。

すでに75歳以上の人は3年かけて段階的に廃止する予定です。来年度75歳になる人はこの特例は廃止となります。一定の収入(370万円以上)がある70歳以上の高齢者も自己負担の上限が上がり、現役世代並となります。

介護保険料については、現役世代並の所得のある人(単身なら年収383万円以上)が介護保険サービスを利用した場合、2018年8月から自己負担が現在の2割から3割に引き上がる予定です。介護保険の自己負担は原則1割ですが、単身で年収280万円以上の高齢者はすでに2015年8月から2割に引き上げられています。一般所得者のサービス利用料の自己負担上限額も2017年8月から一部が引き上げられます。

現役世代の介護保険料も段階的に上がる予定です。現在の介護保険料は、加入者に応じて算定していますが、これでは中小企業の負担が重いので、これを来年度から収入によって保険料が変わる「総報酬割」に変えようとしています。これに変わると、負担が増えるのは大企業の会社員約1272万人(約730円増)、減るのは中小企業の会社員約1653万人(約240円減)と推計されています。

いずれにしても、確定するまではどうなるか分かりませんが、一定の所得のある高齢者には負担してもらうという姿勢は変わらないでしょう。その次に負担増になるのは誰? どの層まで見直しの波がくるかはまだ分かりませんが、自助努力の方向が強くなるのは事実です。

【家計簿診断やお金についての相談をお待ちしています】
家計簿の診断だけではなく、お金についての相談もお待ちしています。家計簿診断を希望される方は、下記項目をコピーして【達人に質問する】から、収入と支出を直接入力してください。ブログで取り上げられた方にはクオカード1000円分をプレゼントします。

PR情報

記事一覧

こども保険(学資保険)は必要?

「出産とともにこども保険(学資保険)に入らなきゃっ」と思っている人は多いですね。ずっと公立でも大学卒業までに一人約1000万円もかかるとすれば、毎月の家…

2014/10/30

贈与時の注意点!

2015年1月から相続税の基礎控除額が40%縮小することはご存知の通りです。これまで4%だった納税対象者が10%に増加するとも言われています。 定額控除額が5000万…

2014/10/8

NISA再び!

NISAについて、以前に書きましたが、非課税枠が100万円から120万円に拡充されたり、ジュニア版NISAが出るようなので、今後のNISAについてみてみましょう。 NIS…

2014/9/19

貯蓄を増やすには、収入アップか支出切り詰めしかない!

今回は久しぶりの家計簿診断です。読者の「アップルパイ」さんからのご依頼です。 【相談】 夫41歳、妻35歳、長女4歳、次女0歳。住宅ローンがあと33年残ってお…

2014/9/4

あなたの給料は「最低賃金」以上ですか?

パートにせよ、アルバイトにせよ、貰っている賃金が「最低賃金」以上かどうかって考えたこと、ありますか?「最低賃金」とは、働いている人が貰う最低の賃金の…

2014/8/22

「子ども・子育て支援新制度」が来年から始まるのを知ってますか?

「子ども・子育て支援新制度」は、2012年8月に成立したもので、来年の4月から始まります。 これまで親の働く状況によって望む教育が受けられなかったり、家庭…

2014/7/29

介護費用の負担が2割になるって本当?

来年(2015年4月)から「介護保険」が変わろうとしています。新たに「地域医療・介護総合推進法」が6月18日に成立しました。これによって、現在約458万人が利用し…

2014/7/6

消費増税の影響は?

消費増税が始まって3ヶ月になろうとしていますが、皆さんの家計はどうですか?世論調査によると、「4月から消費税率が8%に上がった後、家計支出に影響が出たか…

2014/6/16

これからの女性の働き方−配偶者控除見直しが見送られ−

アベノミクスでは、少子高齢化が進む中、働き手が少なくなり、経済が低迷したり、年金や医療などの社会保障の担い手が減る(労働力不足)として、女性が働くこと…

2014/6/5

車はいつが買い時か?

5月は自動車税の季節です。6月2日までに納めましょう。以前、軽自動車税の変更について書きましたが、読者の「ちょこ」さんから 「車はいつ買い換えるのがいい…

2014/5/20

プロフィール

19

達人に質問をする

あなたの家計簿診断します。「達人に質問する」からご応募ください。

岐阜大学教育学部教授・博士

京都市生まれ。ノートルダム女子大学(京都)文学部卒業。大阪市立大学大学院生活科学研究科後期博士課程修了。

現在、岐阜大学教育学部教授・博士(学術)、放送大学客員教授。

家庭経済学、家庭経営学、家族関係学、アーミッシュ研究等の講義を担当。

放送大学ではラジオで「生活経済学」の講義を担当(2012〜2016年)。

主な著書 『ちほ先生の家計簿診察室』(名古屋リビング新聞社2002年)、名古屋リビング新聞社、大阪リビング新聞社で家計簿相談を20年ほど担当。

『お金と暮らしの生活術』(昭和堂2012年)、『仕事・所得と資産選択』(放送大学教育振興会2008年)、『アーミッシュの謎』(共訳、論創社1996年)、『アーミッシュの学校』(共訳、論創社2004年)、『アーミッシュの昨日・今日・明日』(共訳、論創社2009年)、『生活経済学』(放送大学教育振興会2012年)など。

趣味:毎日家計簿をつけること。ただし買い物好きなので家計チェックは自分にはあまり生かせていないかも・・・・・

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
12 ℃/--
東京
晴れ
14 ℃/--
大阪
晴れ時々曇り
12 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集