今年は最高の条件!8/12夜にペルセウス座流星群が極大 2018/8/11

流れ星(流星)は、いつ見ても神秘的。その流れ星がたくさん流れるペルセウス座流星群がやって来た

●8月12日深夜ペスセウス座流星群が極大
 花火大会と同じように夏の風物詩として定着した「ペルセウス座流星群」が8月12日から13日かけてピークを迎える。いったい、いつ頃どの方向を眺めれば、いくつぐらいの流星が見られるのだろう。

流星は、宇宙空間に漂うチリが地球と衝突して発する光のすじ

●流星の元は砂粒のようなもの
 流星(流れ星)は、まさか夜空に輝く星が流れるとは思っていないだろう。もしそうだとしたら、夜空の星はとっくになくなってしまっているはずだ。流星というのは、宇宙空間を漂っている砂粒のようなチリが、地球にマッハ180程の速さで衝突して大気との摩擦で発生した熱が、大気の中の酸素原子や窒素原子を電離して発光する現象だ。流星群とは、そのチリが、大量に衝突したくさんの流星が見られる現象のこと。彗星の軌道上には彗星がまき散らした大量のチリが回っている。その軌道と地球の軌道が交差していれば、毎年同じ時期に地球はそのチリの帯(ダストトレイル)を横切ることになる。その時地球にはたくさんのチリが衝突し流星群となって見えるというわけだ。
 
 ちなみにペルセウス座流星群の元となる彗星は、スイフト・タットル彗星と呼ばれる。 

8月12日夜から13日明け方にかけて、北東から天頂を中心に、たくさんの流星が流れるだろう

● 今年は最高の条件
 今年のペルセウス座流星群の極大時刻は、8月13日の午前10時ごろと予想されている。すでに明るくなっている時刻だが、12日夜から13日の夜明けにかけて北東のから天頂に昇った放射点から、たくさんの流星が四方八方に流れるようすが、山間地で1時間当たり40個、市街地でも20個程度見られるだろう。

 おまけに気になる月齢は、8月12日の月齢が新月直後の0.7なので、一晩中全く月明かりの影響を受けることなく観望・観測することができる。もちろん11日と13日の夜も流れるので要チェックだ。

PR情報

記事一覧

2016年注目の天文ショーは?!Part2

●5月31日火星が最接近 火星は、地球のすぐ外側の軌道を回っていながら、直径が地球の半分ほどしかないため、およそ2年2ケ月ごとに地球と火星が軌道上でとなりど…

2016/1/24

2016年注目の天文ショーは?!Part1

みなさんあけましておめでとうございます。 私の新年は、年越しのカノープスを見に行くことから始まる。カノープスは中国では、天下泰平の星、長生きの星と言…

2016/1/9

初日の出を見よう!

1年の計は元旦にあり 太陽は、毎日東の空から昇るが、1月1日の初日の出となるとまた格別だ。「新年の計は元旦にあり」というように、新年は初日の出を愛でるこ…

2015/12/20

確実に流れる!ふたご座流星群

2015年の締めくくりともいえる天体ショー、ふたご座流星群が目前に迫ってきた。ここで再度今年のふたご座流星群の条件と見え方をチェックして、万全の態勢で観…

2015/12/3

カタリナ彗星が肉眼で見えるかも?!

明け方の東空や夕方の西空に突然姿を現して、長い尾をたなびかせ、人々を脅かせる彗星。その姿がほうきに似ていることから、ほうき星とも呼ばれている。2013年…

2015/11/17

11月はおうし座流星群が期待できそう?!

11月の流星群といえば、時折流星雨を降らせる“しし座流星群”を思い出すが、もうひとつ忘れてはならないのが、“おうし座流星群”だ。決してメジャーな流星群では…

2015/10/23

10月9日から11日に起こる、月・金星・火星・木星・水星の共演を見逃すな!

去る7月1日、夕方の西空で金星と木星が大接近すると、話題になったが、全国的に好天に恵まれず見ることなく終わってしまった。それをリベンジするときがやって…

2015/10/4

9月27日は中秋の名月

9月27日は、中秋の名月。満月は1ヶ月に1回あるのに、どうしてこの秋の満月だけ特別に祝うのだろう。 まず、「中秋」とつくということは、秋の真ん中、つまり1…

2015/9/15

朝焼けの中で月と惑星のランデブーを見よう

9月の声を聞いてもまだまだ寝苦しい夜がある。そんなときは日の出前に起きて外に出てみよう。午前3時半、すがすがしい朝の冷気がほてった体をクールダウンして…

2015/8/21

ペルセウス座流星群を見よう!

流星(流れ星)は、宇宙に浮かんでいるチリが地球に衝突したとき、大気との摩擦によって星のように光る現象だが、流星群はチリが団体で地球に衝突すると起こる…

2015/8/7

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集