オリオン座に乾杯! 2014/2/20

2月中旬の午後8時ごろの星空。真南の中天にオリオン座が鎮座している。

★星座のスーパースター、オリオン座
2月、大気中のチリを木枯らしが吹き飛ばしてくれてクリアーになった夜空には、まるでダイヤモンドが光るように星たちがキラキラと輝いている。おまけに、全天で21個しかない1等星のうち、7個が冬の星空で見えるのだから、豪華絢爛以外の何者でもない。

その中でひときわ目立っているのが真南の中天に鎮座したオリオン座。右上がりの一直線に3つの2等星がならぶ三つ星、それだけでも十分目立つのに、三つ星をはさむように左上で輝く赤い1等星ベテルギウスと右下で輝く白い1等星リゲル。オリオン座は、全天で一番かっこ良くてぜいたくな星座だ。

オリオン座の歴史は古く、原形は5000年前の古代バビロニアで生まれている。黄道からはずれているので、星占いの黄道12星座には含まれていないが、世界中のだれもが知っている星座のスーパースターだ。

オリオンの名は、星座だけでなくいろいろなところで使われている。アメリカで開発中の宇宙船の名はオリオン。プロ野球では、今は千葉ロッテマリーンズに改名してしまったが、かつてはロッテオリオンズ。沖縄には“オリオンビール”がある。名古屋にはオリオンサイダーがあった。

ためしにインターネットの検索エンジンで調べてみると、オリオン座はもちろん、オリオン書房、喫茶オリオン、オリオン電機など、次々出てくる。その数なんと2000件あまり。

ベテルギウスは赤色超巨星、リゲルは青色超巨星。どちらもスーパースターにふさわしい。

★2つの1等星、ベテルギウスとリゲル
オリオン座は2つの1等星を持つ贅沢な星座だ。ひとつは三つ星の左上にある赤い1等星ベテルギウス。太陽の500倍もある大きな老人星で、膨らんだり縮んだりしながら0.4〜1.3等に明るさが変わる赤色超巨星。近い将来超新星爆発を起こすと言われている。

三つ星の右下にある白い1等星はリゲル。ベテルギウスに比べるとずっと若い青色超巨星。7等のお伴の星がくっついている二重星だ。紅白の色の対比から、日本で“源氏星・平家星”としゃれた名前で呼ばれている。

PR情報

記事一覧

4月4日 またまた皆既月食 パート1

今年イチオシの天文現象である皆既月食が、4月4日の宵空で起こる。月食といえば半年前の10月8日に起こったばかりだが、見た人も見られなかった人も、半年ごとに…

2015/3/13

おおいぬ座とこいぬ座

最も寒さを感じる2月、オリオン座が南の空で誇らしげにその雄姿を飾り、その周りを6つの1等星が取り巻いている。冬の星空は、どの季節のよりも美しい。 オリオ…

2015/2/19

超新星爆発と藤原定家 その2

藤原定家の命により、時の陰陽師、安倍泰俊は、過去における客星出現の事例を洗い出し報告。定家は、それを明月記に記した。そのなかにカニ星雲の元となった超…

2015/1/28

超新星爆発と藤原定家 その1

百人一首を編纂した鎌倉時代の歌人といえば藤原定家。この定家が書き綴った「明月記」には、数多くの天文現象の記録が残されている。 中でもおうし座の右の角…

2015/1/12

星は昴(すばる)

しんしんと冷え込む真冬の夜、寒さも第一級だが星空も最高。思い切り首を曲げて天頂付近を見上げると、明るいく光輝く木星とともにおうし座が迎えてくれる。 …

2014/12/27

「ふたご座流星群」の次は「こぐま座流星群」を見よう!

三大流星群の一つに数えられる、ふたご座流星群が5日から18日にかけて活動している。 しし座流星群や8月のペルセウス座流星群のようなハデさはないが、出現数…

2014/12/18

冬の星空を流れる流星群1

今年も冬の流星群のシーズンがやってきた。8月に「流星を見るなら流星群をねらえ」ということで、ペルセウス座流星群を紹介したが、ペルセウス座流星群とともに…

2014/12/4

「ブルームーン」ってなに?

今回は読者の「疾風」さんからのご質問にお答えします。 −−−−− 月に関する浅田さんの記事をよく拝読しています。このごろ、空気が澄んで月がきれいに見…

2014/11/28

古代エチオピア王家の物語2

さて、エチオピアでは、この苦境に思い悩んだケフェウス王は、神にお伺いをたてることにした。苦しいときの神頼み。すると神からは、「一人娘アンドロメダをお…

2014/11/17

古代エチオピア王家の物語1

多くの星座には、その星座にまつわるギリシャ神話がセットになっているが、秋の主な6つの星座、アンドロメダ座、カシオペヤ座、ケフェウス座、ペルセウス座、ペ…

2014/11/1

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち雨
20 ℃/--
東京
曇り
21 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
22 ℃/--
  • 東名, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集