土星のリングの謎 2014/6/12

土星の直径は地球の約10倍、地球から見えるリングの直径は、地球から月までの距離に匹敵。

土星は、直径が地球の約10倍もある、水素ガスを主成分とするガス惑星だ。それにより密度は驚くほど低く、0.69しかない。水の密度が1なので、もし土星が入るほどの巨大プールに土星を入れると浮いてしまうのである。

リングの直径は、地球から見える部分だけで、約36万km。これは地球から月までの距離に匹敵する。

ところで土星のリングは、いつも同じように見えるが、実は毎年少しずつ傾きがかわっている。理由は、土星の自転軸が26.7度ほど傾いているために、土星が太陽のまわりを30年かかって公転するうちに、我々の地球は土星を北から見上げたり、南から見下ろしたりするためだから。

そして、リングの傾きが南から北へ変わるとき、またはその反対のとき、我々は土星のリングを真横から見ることになる。そのときリングは土星を貫く1本の串のように見えるはずなのだが、まるでリングなんてなかったように、消えてしまうのだ。このことは、土星のリングの厚さがとても薄いことを意味していることに他ならない。

ボイジャー探査機が撮影した土星。〇の部分を見るといかにリングが薄いかがわかる。

では、実際に土星のリングの厚さはどれぐらいなのだろう。惑星探査機ボイジャーが撮影した写真では、リングが透けて、その向こう側にある土星本体が見えている。当時は厚さは1km程度だろうと言われていたが、その後観測技術が向上し、現在では100m前後であることがわかっている。

もし土星のリングの直径を1/10000に縮めたとしたら、リングの厚さは、なんとティッシュペーパー1枚分ほどしかないことになる。

探査機による観測から、A,B,Cリングだけでなく、内側にも外側にも薄いリングが広がっていることがわかった。

地球からの観測では、リングはA,B,Cに分かれていることがわかっていたが、ボイジャーやカッシーニなどの探査機の観測から、それらの内側にも外側にも淡いリングが広がっていることが確認された。

PR情報

記事一覧

冥王星の謎が解き明かされるPart2

冥王星発見者クライド・トンボー生誕100年に当たる2006年1月19日に打ち上げられ、9年6ヶ月もの歳月を経て、探査機ニューホライズンズは、今まさに冥王星の素顔…

2015/7/19

冥王星の謎が解き明かされるPart1

さいはての準惑星冥王星 太陽から60億kmというはるか彼方を248年もかけてゆっくり回る冥王星。この星が発見されたのは、20世紀になってからのこと、たった79年…

2015/7/4

金星と木星の共演が見もの 〜6/30と7/1は金星と木星の大接近〜

このところ宵の西空で存在感をぐんぐん増していた金星が、6月7日に東方最大離角を迎え、宵の明星としての優美さを惜しみなく放っている。日没30分後の高度は、…

2015/6/12

昼間が一番長い日

6月22日は、夏至。1年のうちで太陽が出ている時間が一番長い日だ。なぜ夏と冬では昼間の時間が違うのだろう。なぜ夏は暑く冬は寒いのだろう。そんなこと当たり…

2015/5/31

南十字星は何処

風薫る5月。おとめ座が南の空でくつろぐころ、地平線の少し下で南十字星が南中する。星が好きになると、一度は見たい南十字星、サザンクロス……なんと南国情緒溢…

2015/5/15

宵の明星・明けの明星

【夕方の西空で金星がまばゆい】 午後7時過ぎ、夕焼けの紅が残る西の空を見上げると、ひときわ明るく輝く星が目に入る。今まさに旬を迎えている金星だ。 4月20…

2015/4/26

4/20〜22に三日月と金星が並ぶチャンスがやってくる!

夕方の西空で金星がまばゆい 下校途中や帰宅途中に西の空を仰ぐと、夕焼けに染まった空にやたら明るく輝くものが見つかる。まだ空は星が見えるほど暮れてないの…

2015/4/9

4月4日 またまた皆既月食 パート2

●地球の影 月食は、地球が太陽に照らされてできる影の中に月が入って欠けてゆく現象だが、そもそも影には、まっ黒な影の本影とその周りを取り巻く薄暗い影の半…

2015/3/20

4月4日 またまた皆既月食 パート1

今年イチオシの天文現象である皆既月食が、4月4日の宵空で起こる。月食といえば半年前の10月8日に起こったばかりだが、見た人も見られなかった人も、半年ごとに…

2015/3/13

おおいぬ座とこいぬ座

最も寒さを感じる2月、オリオン座が南の空で誇らしげにその雄姿を飾り、その周りを6つの1等星が取り巻いている。冬の星空は、どの季節のよりも美しい。 オリオ…

2015/2/19

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集