金属のバランスが崩れていませんか? 2014/9/10

突然ですが、金属というと何をイメージされますか?私は鉄筋や鉄骨(鉄柱)が頭に浮かびます。では、体の中にどのような金属があるかご存じでしょうか?多くの方は鉄と答えられるかと思いますが、この他にも多くの金属が体の中に含まれています。

体の中に金属があるの?
ミネラルウォーターに含まれるナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、これらも金属で、細胞や血液の中に豊富に含まれています。

体の中に多くの金属があることを知って驚いた方は安心して下さい。人間はドラえもんや鉄腕アトムのようなロボットではありません。体の中にあるのは金属イオンといわれるものです。

血漿(血液から赤血球などの細胞成分を除いた液体成分)や細胞内の金属イオン濃度は狭い範囲に一定に保たれており、その範囲を逸脱すると様々な病気になってしまいます(血漿と細胞内の金属イオンの割合を図に示します)。今回はナトリウムとカルシウムの働きについてご紹介します。

血漿および細胞内の金属イオンの割合

塩のとりすぎは必ず高血圧になるわけではない
調理に使う食塩はナトリウムと塩素からできています。食塩を多くとって血漿中のナトリム濃度が増加すると、それを薄めようとして血液の量が増え、血圧が上昇します。

ただし、すべての人が高血圧になるわけではなく、余分なナトリウムを体外へ排泄することができる人は高血圧になりません。これを食塩感受性といいますが、人種差や年齢が関係することが知られています。

食塩を多くとっても高血圧にならない人がいるなら、心配する必要がないかと思われるかもしれませんが、そうでもありません。自分が食塩感受性かどうかはわかりませんし、食塩のとりすぎは胃癌や心臓病などの原因になるという報告があります。

味の濃いものをおいしく感じるかもしれませんが、塩や醤油の量を減らすことが体にとっては良いと思われます。

カルシウムの吸収には運動が必要
カルシウムは大部分がリン酸カルシウムの形で骨や歯に貯蔵されており、1%程度が血漿と細胞内に存在しています。小腸からの吸収、骨への貯蔵、腎臓からの排泄がバランスよく働くことにより、血漿中のカルシウム濃度が一定に保たれています。

年をとると小腸からのカルシウムの吸収が低下し、骨から供給されるカルシウム量が増えます。そのため、加齢とともに骨粗しょう症の危険性が高くなります。ビタミンD3は小腸からのカルシウム吸収を促進させる働きがあるため、骨粗しょう症の治療に用いられます。

紫外線を浴びることにより、皮膚からビタミンDが合成されるので、30〜60分程度の散歩が運動にもなって良いです。まだまだ暑い日が続きますが、適度な運動を心がけましょう。

五十里彰(いかりあきら) 博士(薬学) 岐阜薬科大学生化学研究室教授

富山医科薬科大学薬学部、同大学院修了後、静岡県立大学薬学部で15年間勤務しました。昨年10月に岐阜薬科大学生化学研究室の教授に着任し、癌や生活習慣病の発症機序の解明と新しい治療薬の開発に取り組んでいます。

学生時代は卓球部に所属しており、現在もときどき家族と卓球を楽しんでいます。学生には勉強や研究だけでなく、スポーツや趣味など、やる気を持って打ち込めることを見つけて欲しいと思います。

本ブログでは、あまり馴染みのない方も多いかもしれませんが、金属の働きについてわかりやすくお伝えしたいと思います。

PR情報

記事一覧

「活性酸素」は本当は いいやつ だった その3

生物は進化の過程で、普段はいいやつなんだけれど、多すぎると悪さをするような活性酸素を速やかに消し、丁度良い量を維持するシステムを作り上げました。 「…

2016/5/30

「活性酸素」は本当は いいやつ だった その2

そもそも「活性酸素」とは何ぞや。読んで字の如く、空気中の酸素よりも「活性化」された酸素とその関連物質と定義されています。 この「活性化」を化学的に説…

2016/5/20

「活性酸素」は本当は いいやつ だった その1

国民1億2千万人、総健康指向ブームの中、巷の書店には、われわれがちょっと気になる「医者からもらった薬がわかる本」から「薬ののみあわせ」、ガン、肝臓病、…

2016/5/10

薬の飲み合わせを避けるためには?(3)〜かかりつけ薬剤師を持とう〜

「薬の飲み合わせを避けるためには?」3回シリーズの3回目、かかりつけ薬剤師を持とうです。 かかりつけ医は知っているけど、かかりつけ薬剤師って何?って思…

2016/4/30

薬の飲み合わせを避けるためには?(2)〜お薬手帳を利用しよう〜

「薬の飲み合わせを避けるためには?」3回シリーズの2回目は【お薬手帳を利用しよう】です。 薬剤師の重要な仕事に飲み合わせの防止があります。薬剤師は飲み…

2016/4/21

薬の飲み合わせを避けるためには?(1)〜薬の飲み合わせについて知ろう〜

みなさん、お薬はお飲みでしょうか。飲まれていない方、健康でいいですね。飲まれていない方でも、ご家族やお知り合いには飲まれている方が多くいるのではない…

2016/4/10

グリーンケミストリーって?(6)製造法改良への挑戦3

これまでは反応に使用する試剤の面からの改良法についてお話ししてきましたが、最後に反応装置の面からのグリーンケミストリーへの取り組みについてお話しさせ…

2015/11/30

グリーンケミストリーって?(5)製造法改良への挑戦2

今回も前回に続き、製造法改良への挑戦についてお話します。 「グリーンケミストリーの12か条」の第7条に “原料は枯渇性資源ではなく再生可能な資源から得る”…

2015/11/20

グリーンケミストリーって?(4)製造法改良への挑戦1

7月のブログでは「公害」を題材に、「グリーンケミストリー」についてお話しました。そこで紹介した「グリーンケミストリーの12か条」の第3条に “人体と環境に…

2015/11/10

吸入ステロイド薬の使用後には「うがい」を忘れずに!

今回は、吸入ステロイド薬とうがいについてお話しします。 吸入ステロイド薬は気管支喘息、慢性閉塞性肺疾患(慢性気管支炎・肺気腫)の諸症状の緩解に使われ…

2015/10/30

プロフィール

19

達人に質問をする

本学は、美しい金華山と長良川などの自然に恵まれ、また歴史と文化の薫漂う岐阜市の北部に位置し、80有余年に及ぶ歴史の中で、建学の精神である「強く、正しく、明朗に」をモットーに、「人と環境に優しいグリーン・ファーマシー」を基本理念とした薬学教育を通じ、安心で安全な医療に貢献できる薬剤師や、人と環境にやさしい方法で薬を創ることのできる研究者や技術者を養成しています。

地域に生き、世界に伸びる大学として、今までの実績を基にさらに発展し続ける努力を重ねております。

関連リンク

ピックアップ

  • 中日ボイス『札幌で「五輪マラソン」賛成?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
26 ℃/--
東京
曇り時々晴れ
24 ℃/--
大阪
晴れ
25 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集