5月20日、接近直前の火星と満月が並ぶ! 2016/5/17

南東の空に昇った火星と土星とアンタレス(5月1日撮影)

宵の南東の空に目を向けると、いやでも赤く明るく輝く星が飛び込んでくる。まるでUFOと見間違えるほど。この星が5月31日に2年2か月ぶりに地球に接近する火星だ。そしてその左には、土星がやや控えめに輝いている。また火星の下には、さらに控えめな赤い1等星アンタレスが光っている。

5月21日には満月と火星が並び、22日には十六夜と土星が並ぶ。(午後10時ごろの様子)

火星と土星とアンタレスが、火星と土星を底辺にアンタレスを頂点にさかさまの平らな二等辺三角形を作っている。火星は-2等星と群を抜いて明るい。そのそばを5月21日から22日にかけて、満月の明るい月が通り過ぎてゆく。

21日の満月と火星の間隔は、腕を伸ばしたげんこつの幅とほぼ同じ10°。22日の十六夜と土星の間隔は6°ほどだ。

200倍の望遠鏡で見た火星

今回の接近では、火星の視直径は19秒角と近年では大きいほう。とはいっても身近なものにたとえるなら、「150m先のタバコの火」といった大きさである。「なんだ、大接近というから満月ぐらいに大きく見えるのかと思ったらそんなに小さいのか」と思われてしまうが、衝のころの木星の半分弱の大きさに見えることになる。

火星の模様は、視直径が15秒角を越えるころから小型望遠鏡でも見えるようになってくる。今回の接近で視直径が15秒角を越えている期間は、4月下旬から7月中旬の3ヵ月弱もある。

では、火星を観望するにはどれぐらいの大きさの望遠鏡があればいいだろう。単純に倍率で考えると、最低100倍はあれば模様の確認はできる。できれば150倍から300倍は欲しいところだ。

つまり、望遠鏡のこれ以上倍率を上げても無駄という意味の有効最高倍率から逆算(有効最高倍率=口径(mm)×2)すると、口径80mmから200mmということになる。もちろん口径が大きければ大きいほど分解能が上がって、より細かい模様まで見えるようになることは言うまでもない。

天体望遠鏡を持っている方は、ぜひ火星を見ていただきたい。望遠鏡がないという方は、近隣のプラネタリウム館や天文台で開催されるであろう「火星を見る会」等に参加しよう。

PR情報

記事一覧

昼間が一番長い日

6月22日は、夏至。1年のうちで太陽が出ている時間が一番長い日だ。なぜ夏と冬では昼間の時間が違うのだろう。なぜ夏は暑く冬は寒いのだろう。そんなこと当たり…

2015/5/31

南十字星は何処

風薫る5月。おとめ座が南の空でくつろぐころ、地平線の少し下で南十字星が南中する。星が好きになると、一度は見たい南十字星、サザンクロス……なんと南国情緒溢…

2015/5/15

宵の明星・明けの明星

【夕方の西空で金星がまばゆい】 午後7時過ぎ、夕焼けの紅が残る西の空を見上げると、ひときわ明るく輝く星が目に入る。今まさに旬を迎えている金星だ。 4月20…

2015/4/26

4/20〜22に三日月と金星が並ぶチャンスがやってくる!

夕方の西空で金星がまばゆい 下校途中や帰宅途中に西の空を仰ぐと、夕焼けに染まった空にやたら明るく輝くものが見つかる。まだ空は星が見えるほど暮れてないの…

2015/4/9

4月4日 またまた皆既月食 パート2

●地球の影 月食は、地球が太陽に照らされてできる影の中に月が入って欠けてゆく現象だが、そもそも影には、まっ黒な影の本影とその周りを取り巻く薄暗い影の半…

2015/3/20

4月4日 またまた皆既月食 パート1

今年イチオシの天文現象である皆既月食が、4月4日の宵空で起こる。月食といえば半年前の10月8日に起こったばかりだが、見た人も見られなかった人も、半年ごとに…

2015/3/13

おおいぬ座とこいぬ座

最も寒さを感じる2月、オリオン座が南の空で誇らしげにその雄姿を飾り、その周りを6つの1等星が取り巻いている。冬の星空は、どの季節のよりも美しい。 オリオ…

2015/2/19

超新星爆発と藤原定家 その2

藤原定家の命により、時の陰陽師、安倍泰俊は、過去における客星出現の事例を洗い出し報告。定家は、それを明月記に記した。そのなかにカニ星雲の元となった超…

2015/1/28

超新星爆発と藤原定家 その1

百人一首を編纂した鎌倉時代の歌人といえば藤原定家。この定家が書き綴った「明月記」には、数多くの天文現象の記録が残されている。 中でもおうし座の右の角…

2015/1/12

星は昴(すばる)

しんしんと冷え込む真冬の夜、寒さも第一級だが星空も最高。思い切り首を曲げて天頂付近を見上げると、明るいく光輝く木星とともにおうし座が迎えてくれる。 …

2014/12/27

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
12 ℃/--
東京
晴れ
14 ℃/--
大阪
晴れ時々曇り
12 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集