9月15日は中秋の名月 2016/9/3

9月15日は中秋の名月。日没と同時に東の空に美しい月が顔を出す

9月15日は、中秋の名月。満月は1ヶ月に1回あるのに、どうしてこの秋の満月だけ特別に祝うのだろう。その謎を解くには、中秋の名月とは具体的にどんな月のことを指すのかを調べてみる必要がありそうだ。

まず、「中秋」とつくということは、秋の真ん中、つまり10月の満月のことか? ところが、ごくまれに仲秋の名月が10月になることもあるが、ほとんどの場合9月である。

お月見の風習は、古来中国から伝わったもので、中秋の名月は、旧暦の8月15日に祝うと決まっている。旧暦とは、月の満ち欠けを基準にした太陰太陽暦のこと。このカレンダーでは、毎月新月を一日として、月の満ち欠けの周期29日もしくは30日を1ヶ月とするので毎月15日は十五夜と呼んでほぼ満月となる。

秋は空気が澄んで、月の色が一層冴えわたる

また、旧暦では1月が新春となるので、3か月ずつ区切ってゆくと、7月,8月,9月が秋となり、7月を初秋(孟秋)、8月を中秋(仲秋),9月を晩秋(季秋)と呼んでいる。だから中秋と付くわけ。名月って付いているのは、旧暦8月は大陸の乾燥した空気が秋風となって流れ込んできて,透明度が良くなり一層月の光が冴えるからだ。

ちなみに「仲秋の名月」と書いたり「中秋の名月」と書いたりするが、「仲秋」は旧暦8月を指し、「中秋」は、旧暦8月15日を指す言葉だ。つまりどちらも旧暦8月15日の名月を指す言葉だ。

旧暦8月15日の中秋の名月が満月になるとは限らない。理由は月は楕円軌道で公転しているから

今年の名月は満月じゃない!?
ところで今年は9月1日が新月なので、旧暦からぴったり1か月遅れとなる。なので、旧暦8月15日の中秋の名月は、9月15日になるわけだ。しかし、今年の名月は十五夜なのに満月じゃない。それどころか満月よりも2日も早いので、けっこう欠けた名月となってしまう。

なぜこんなことになってしまうのだろうか? その理由は、月は地球の周りを楕円で軌道で公転しているため、地球の近くを通るときは公転速度が速くなり、遠くを通るときは遅くなる。つまり地球と月の距離によって月が1日に移動する量が変化することになる。

だから、必ずしも新月から15日後に満月になるわけではないのだ。そのために日数を規則正しく刻む旧暦と、実際の月の動きの間に誤差が生じてしまう。

今年の中秋の名月は、満月2日前。まん丸ではなく少し欠けた月齢13の名月となる

たいていはずれても1日なのだが、今年は2日ずれた月齢13の名月となる。ちなみに満月は9月17日で、半影月食が起こる。

PR情報

記事一覧

昼間が一番長い日

6月22日は、夏至。1年のうちで太陽が出ている時間が一番長い日だ。なぜ夏と冬では昼間の時間が違うのだろう。なぜ夏は暑く冬は寒いのだろう。そんなこと当たり…

2015/5/31

南十字星は何処

風薫る5月。おとめ座が南の空でくつろぐころ、地平線の少し下で南十字星が南中する。星が好きになると、一度は見たい南十字星、サザンクロス……なんと南国情緒溢…

2015/5/15

宵の明星・明けの明星

【夕方の西空で金星がまばゆい】 午後7時過ぎ、夕焼けの紅が残る西の空を見上げると、ひときわ明るく輝く星が目に入る。今まさに旬を迎えている金星だ。 4月20…

2015/4/26

4/20〜22に三日月と金星が並ぶチャンスがやってくる!

夕方の西空で金星がまばゆい 下校途中や帰宅途中に西の空を仰ぐと、夕焼けに染まった空にやたら明るく輝くものが見つかる。まだ空は星が見えるほど暮れてないの…

2015/4/9

4月4日 またまた皆既月食 パート2

●地球の影 月食は、地球が太陽に照らされてできる影の中に月が入って欠けてゆく現象だが、そもそも影には、まっ黒な影の本影とその周りを取り巻く薄暗い影の半…

2015/3/20

4月4日 またまた皆既月食 パート1

今年イチオシの天文現象である皆既月食が、4月4日の宵空で起こる。月食といえば半年前の10月8日に起こったばかりだが、見た人も見られなかった人も、半年ごとに…

2015/3/13

おおいぬ座とこいぬ座

最も寒さを感じる2月、オリオン座が南の空で誇らしげにその雄姿を飾り、その周りを6つの1等星が取り巻いている。冬の星空は、どの季節のよりも美しい。 オリオ…

2015/2/19

超新星爆発と藤原定家 その2

藤原定家の命により、時の陰陽師、安倍泰俊は、過去における客星出現の事例を洗い出し報告。定家は、それを明月記に記した。そのなかにカニ星雲の元となった超…

2015/1/28

超新星爆発と藤原定家 その1

百人一首を編纂した鎌倉時代の歌人といえば藤原定家。この定家が書き綴った「明月記」には、数多くの天文現象の記録が残されている。 中でもおうし座の右の角…

2015/1/12

星は昴(すばる)

しんしんと冷え込む真冬の夜、寒さも第一級だが星空も最高。思い切り首を曲げて天頂付近を見上げると、明るいく光輝く木星とともにおうし座が迎えてくれる。 …

2014/12/27

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ後時々曇り
11 ℃/2 ℃
東京
晴れ後曇り
10 ℃/2 ℃
大阪
晴れ後曇り
11 ℃/4 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集