松阪の樹敬寺の「踊り橋地蔵」と「馬頭観音」 2017/2/3

松阪駅から徒歩約8分のところにある樹敬寺。京都の知恩院の末寺の浄土宗のお寺。

奈良の大仏の復興勧進をおこなった重源上人によって、健久6年(1195)に開山かれたそうだ。天正16年(1588)、蒲生氏郷の松坂城下建設に伴い、松ヶ島城下より現在地に移ったという。本堂は、明治35年に再建された。

ここ樹敬寺は、本居宣長家の菩提寺であり、本居宣長と妻や子孫のお墓があり、国指定史跡となっている。塀がレンガなのが珍しい。

お堂には「踊り橋地蔵」と呼ばれる木造地蔵菩薩立像が厨子の中にいらっしゃる。きりりとした凛々しいお顔だ。

玉眼のあて木に墨書で嘉元4年(1306)作と書かれていたそうだ。像高83cm、寄木造、漆箔像。
樹敬寺が松ヶ島町にあった頃、松ヶ島の「踊り橋」脇の地蔵堂にあったことから「踊り橋地蔵」と呼ばれているそうだ。お地蔵さんが、踊ってるわけはない。

他に立派な馬頭観音さまが、きらびやかな西国三十三観音像の前に座っていらっしゃる。

たくましい8本の腕。6本の手に持物、あと2本の手で合掌されている。なぜか、右の足の裏をこちらに向けておられる。

三面のお顔。頭上には、馬の顔。丸顔で若く見え、怒りの表情をしていてもそんなに怖くない。正面のお顔には、ひたいにも目がある。

横のお顔には、ひたいに目はない。頭の上に、如来坐像を乗せている。

脇には、普通はお不動様の脇侍にいらっしゃる矜羯羅童子と制痩゙童子が立っておられる。

境内にも銅造の如来坐像がある。とてもすてきな仏像が、いろいろと祀られているお寺さんだ。

〜〜〜〜〜

樹敬寺(じゅきょうじ)
住所:三重県松阪市新町874
電話:0598-23-9680(要予約)
アクセス:松阪駅から徒歩約8分

新刊出ました!! 「心やすらぐご利益別仏像なぞり描き」(池田書店)

おかげさまで「心やすらぐ仏像なぞり描き」「心やすらぐ国宝仏像なぞり描き」(池田書店)2冊で15万部突破しました!

PR情報

記事一覧

浄名寺の円空仏と刈宿の大仏

全国を行脚して、12万体の仏像を彫ったとされる円空。その円空作でとっても優しいお顔をされている観音菩薩像が、愛知県西尾市の浄名寺にある。 その浄名寺に…

2013/8/6

瀧山寺の運慶仏像

東岡崎駅から名鉄バス上米河内または大沼行きで約20分乗り、「滝山寺下」で下車するとすぐにある瀧山寺(たきさんじ)。「鬼祭り」で有名なお寺だ。鬼まつりと…

2013/7/12

仏像に関してのご質問の答え

読者のかずりんちゃんさんから下記の質問をいただきました。 Q1、一番大きな仏像や一番小さな仏像、また一番古い仏像が知りたいです。 Q2、やはりインドなど…

2013/6/18

垂坂の観音寺の元三大師(慈恵大師)像

三重県四日市市垂坂町の夜景スポットとしても知られる垂坂公園の山手側にある「観音寺」。地元では「垂坂山のお大師さん」「元三さん」と呼ばれている。 元三…

2013/5/22

荒子観音の円空仏

尾張四観音の一寺として有名な荒子観音は、円空が彫った円空仏がたくさんあることでも知られている。円空とは、江戸時代に日本のあちこちを歩き渡り、数多くの…

2013/5/1

プロフィール

17

達人に質問をする

仏像イラストレーター&文筆家

丸の内はんにゃ会(女子の仏教サークル)代表、奈良市観光大使。

子供の頃、仏像好きの叔父に連れられ奈良や京都の仏像を見て歩く。

大人になりひさしぶりに京都の三十三間堂に行き、突然仏像へ恋に落ちる。
以来、全国の仏像に会いに行くようになる。

そして、仏像本や仏像講演やカルチャーセンターの講師をするようになる。

著書には
「仏像、大好き!」(小学館)
「拝んでしあわせ奈良の仏像100」(西日本出版社、「田中ひろみの勝手に仏像ランキング」(メディアイランド)
「クイズで入門 日本の仏像」(講談社+α文庫)、「美しき仏像」(ぶんか社)
「ふらりおへんろ旅」(西日本出版社)
「江戸東京再発見 ぶらりスケッチ散歩」
など35冊。

ピックアップ

  • サンタ休んでマス
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
12 ℃/--
東京
曇り時々晴れ
11 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
13 ℃/--
  • 東名, 名神, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集