【お悩み相談室その56】注文どおりの料理が出てくるかどうか不安 2017/9/17

「店頭の商品にいろんな宣伝文を書いたんだけど、お客がさっぱり来ないんだ」

こうぼやく店主には、宣伝文に誤字を書くようアドバイスしてみましょう。書いた人の顔が見たいと思って、きっと客が中に入ってくるはずです。

それでは、お悩み相談その56です。

〔悩み〕
レストランで「カルボナーラと豆腐サラダとコーヒー」を注文すると、なぜか「ヤキソバと冷奴と紅茶」が出てきました。時間がなかったのでそのまま食べましたが、これが最高の味でした。もう一度同じものを食べたいと思っているのですが、どんなふうに注文したらいいでしょうか?(多部田伊乃 62歳・主婦)

〔回答〕
どうして、そんなふうになったんでしょうか? 原因としては、あなたの言い間違い、店員の聞き間違い、店員の伝え間違い、料理人の作り間違い、店員の出し間違い、あなたの記憶違いなどの可能性が考えられます。

しかし、今となってはもうどうでもいい話かもしれませんね。

それにしても、「カルボナーラ→ヤキソバ」「豆腐サラダ→冷奴」「コーヒー→紅茶」とは、何とも絶妙な間違いです。「こんなもの、注文した覚えはないわ! 食べられるもんですか!」と言って、席を立つだけの勇気を持っていなかったあなただからこそ、最高の味を楽しむことができたのでしょう。

だからと言って、またもや「二匹目のドジョウ」を狙うとは、あなたもなかなかしたたかですね。確かにどう注文していいかは、意外に難問かもしれません。

今回も、「カルボナーラと豆腐サラダとコーヒー」を注文したら、その通り出てくることも十分考えられますからね。その時に、「こんなものを頼んだ覚えはないわ!」と言って、クレームをつけるのも大人げない気がします。

行き違いを防ぎ、確実に満足感をゲットするためには、「ヤキソバと冷奴と紅茶」と書いた紙を持って、自ら調理場にまで足を運ぶのが一番安全な策ではないでしょうか。

PR情報

記事一覧

【お悩み相談室その85】歓迎会で「社長がついだ酒は飲めない」と新入社員に拒絶された

映画を見ていると、ついうとうと。 そんな時に、クライマックスを見逃してしまうと、悔やんでも悔やみきれません。そんな悲劇を防ぐためにも、「クライマック…

2018/4/8

【お悩み相談室その84】パスタ店で、メニューの番号だけで注文したら怒鳴られた

「南極点に人類で初めて到達したのは誰?」 「アムンゼン」 「ピンポ〜ン。でも、アムンゼンはなぜそこが南極点だということが分かったんだろう?」 「『ここが…

2018/4/1

【お悩み相談室その83】上司の「ここだけの話」にうんざりしている

ダイエットを成功させるには、似顔絵入りの名刺を作りましょう。その時、やせた顔を描いておくのです。そうすれば、名刺の顔に似せようとして、ダイエットを必…

2018/3/25

【お悩み相談室その82】きびだんごをやると言っても、キジが家来になろうとしない

「これからの会社には、イエスマンばかりいてもダメだと思うんだよなあ」 思いがけないやさしい声に、つい油断してこう答えたのがまずかったようです。 「は…

2018/3/18

【お悩み相談室その81】引っ越し先に別の人が入居していたらどうする?

「おじいちゃんが子どもだったころはね。テレビもエアコンも冷蔵庫も洗濯機もパソコンも炊飯器もビデオも掃除機も、電化製品なんかなあんにもなかったんだぞ」 …

2018/3/11

【お悩み相談室その80】泣くポイントがほかの人と違うのは変人の証拠?

チュートリアル、ブラックマヨネーズ、フットボールアワー、オリエンタルラジオ、サンドウィッチマン、トータルテンボス、スピードワゴン、トレンディエンジェ…

2018/3/4

【お悩み相談室その79】社長提案で、単位を何でも1万倍にして言うことになった

人間が生きていくために必要なのは、「衣食住」と教わりました。しかし、これではせいぜい75点。「衣食住笑」ではじめて100点満点と言えるのです。 それ…

2018/2/25

【お悩み相談室その78】本をのぞき見されるのが我慢ならない

毛利元就(もとなり)の3本の矢の話は、よく知られています。 「この矢を1本ずつ折ってみよ」 元就の3人の息子は難なく折った。 「今度は3本まとめてじゃ!…

2018/2/18

【お悩み相談室その77】部下が誤字だらけの退職届を提出してきた

ひとくちに人間関係といっても、いろいろな世界があります。 「なあなあ主義」は、なれ合いの世界です。 「まあまあ主義」は、許し合う世界です。 「やあやあ…

2018/2/11

【お悩み相談室その76】「あなたは一言多い」と言われるがその自覚がない

「よおっ!久しぶりだなあ」 「おお、おまえか。4、5年ぶりだなあ。今、何してんだよ?」 「歩いていたら、おまえとばったり会ったもんで話しているところ…

2018/2/4

プロフィール

34

達人に質問をする

お笑い作家

「寒」いギャグを飛ばしているうちに、「一」番「光」り輝く日が「来」るだろうという願いを込めて、「寒来光一」と名付けた。

1999年、「読む漫才」をテーマに、執筆活動を開始。3年後に脱サラして、本格的に執筆活動に取り組み始める。

著書は、ジョーク集『ああ、笑いの投稿者たち』『人生によく効く笑いのクスリ』、エッセイ『寒来光一のいいっちゃもんノート』、読む漫才集『それでも地球は笑っている』など。

座右の銘は「一笑一会」。モットーは「寒いギャグで、地球温暖化防止を」。

ブログ「寒来光一の日替わり笑話」の更新を、10年間フウフウ言いながら、辛うじて毎日続けている。

日本笑い学会会員。福岡県北九州市在住。宮崎県延岡市出身。

ピックアップ

  • 中日ボイス『札幌で「五輪マラソン」賛成?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
26 ℃/--
東京
曇り
24 ℃/--
大阪
晴れ時々曇り
25 ℃/--
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集