長寿の星カノープスを見よう 2018/12/29

大晦日の深夜、おおいぬ座のずっと南、地平線すれすれにカノープスは昇る

 何度新年を迎えても、星座たちは何の変化もなくいつもと同じように輝いている。オリオン座を中心に、三つ星を北西の方向に延ばすとおうし座があり、南東の方向に延ばすとおおいぬ座がある。当たり前のことだと言ってしまえばそれまでだが、何もかもがめまぐるしく変化する時代に、おじいさん、ひいおばあさんが見上げた星空を、自分も眺め自分の子供も孫も同じ星空を見上げるのかと思うと、なんだか過去と現在と未来は目に見えない絆でしっかり結ばれているように思えてきて、妙に感動してしまったりする。

  全天で最も明るい恒星、おおいぬ座のシリウスが南中する20分ほど前に、シリウスに次いで2番目に明るい恒星、りゅうこつ座のカノープスが、南の地平線わずか3°の地平線スレスレのところに顔を出す。

カノープスの南中高度は南ほど高い。東海地方では3°程度にしか昇らない

 日本各地で地平線や水平線スレスレに見えるこの星には、昔から気がついていた。代表的な呼び名は、『めらぼし』、これは房総半島南端にある布良(めら)港の名を取ったものだ。『めらぼし』は、嵐のために海で死んだ漁師の魂が海上に現れて、仲間の漁師を呼んでいるという、不気味な言い伝えが残っている。これは海が荒れる2月の宵に姿を見せることから創造されたのだろう。

 同じ星でもところ変れば、全く違う見方をする。特におもしろいのは、少ししか姿を見せないことから、中国四国地方では『横着星』、その他の地方でも『不精星』『道楽星』などと呼ばれ、なまけものの代表格になっている。他に海のしぶきがざぶざぶかかるように見えることから『ざぶざぶ星』という呼び名を与えている地方もある。

カノープスは、シリウスに次いで2番目に明るい星。地平線付近の透明度が良ければ明るく見える

所変わってかつて中国の都であった洛陽や西安では、地平線スレスレのところにほんの短い時間しか見えないカノープスを南極老人星と呼んで、この星が南の地平線上に明るく見えたときは、迎える年は天下泰平・国家安泰のしるしだと慶ばれたという。また、この星が赤く見えることから、七福神の一人で酒好きでいつも赤ら顔をした寿老人に見立てていたため、この星を拝むことができたら、長生きができると尊ばれた。

2018年1月3日に自宅の屋上から見えたカノープス。まさに長寿の架け橋。露出30分

 このカノープスが、東海地方ではちょうど大晦日の新年を迎える23時40分ごろに南中する。このおめでたい星を、除夜の鐘を聞きながら拝むことができたら、きっと迎える年は平和で健康な1年になるだろう。紅白歌合戦が終わるころ、南の空が地平線まで開けたところに出かけて、ぜひカノープスを見つけよう。そして長寿と世界平和を願うことにしよう。

 もし、大晦日の夜に見えなくても大丈夫。1月中旬なら午後11時ごろ、下旬なら午後10時、2月中旬なら午後9時ごろ、下旬なら午後8時ごろが見ごろとなる。

PR情報

記事一覧

昼間が一番長い日

6月22日は、夏至。1年のうちで太陽が出ている時間が一番長い日だ。なぜ夏と冬では昼間の時間が違うのだろう。なぜ夏は暑く冬は寒いのだろう。そんなこと当たり…

2015/5/31

南十字星は何処

風薫る5月。おとめ座が南の空でくつろぐころ、地平線の少し下で南十字星が南中する。星が好きになると、一度は見たい南十字星、サザンクロス……なんと南国情緒溢…

2015/5/15

宵の明星・明けの明星

【夕方の西空で金星がまばゆい】 午後7時過ぎ、夕焼けの紅が残る西の空を見上げると、ひときわ明るく輝く星が目に入る。今まさに旬を迎えている金星だ。 4月20…

2015/4/26

4/20〜22に三日月と金星が並ぶチャンスがやってくる!

夕方の西空で金星がまばゆい 下校途中や帰宅途中に西の空を仰ぐと、夕焼けに染まった空にやたら明るく輝くものが見つかる。まだ空は星が見えるほど暮れてないの…

2015/4/9

4月4日 またまた皆既月食 パート2

●地球の影 月食は、地球が太陽に照らされてできる影の中に月が入って欠けてゆく現象だが、そもそも影には、まっ黒な影の本影とその周りを取り巻く薄暗い影の半…

2015/3/20

4月4日 またまた皆既月食 パート1

今年イチオシの天文現象である皆既月食が、4月4日の宵空で起こる。月食といえば半年前の10月8日に起こったばかりだが、見た人も見られなかった人も、半年ごとに…

2015/3/13

おおいぬ座とこいぬ座

最も寒さを感じる2月、オリオン座が南の空で誇らしげにその雄姿を飾り、その周りを6つの1等星が取り巻いている。冬の星空は、どの季節のよりも美しい。 オリオ…

2015/2/19

超新星爆発と藤原定家 その2

藤原定家の命により、時の陰陽師、安倍泰俊は、過去における客星出現の事例を洗い出し報告。定家は、それを明月記に記した。そのなかにカニ星雲の元となった超…

2015/1/28

超新星爆発と藤原定家 その1

百人一首を編纂した鎌倉時代の歌人といえば藤原定家。この定家が書き綴った「明月記」には、数多くの天文現象の記録が残されている。 中でもおうし座の右の角…

2015/1/12

星は昴(すばる)

しんしんと冷え込む真冬の夜、寒さも第一級だが星空も最高。思い切り首を曲げて天頂付近を見上げると、明るいく光輝く木星とともにおうし座が迎えてくれる。 …

2014/12/27

プロフィール

19

達人に質問をする

天文研究家

1953年三重県四日市市に生まれる。学生時代は名古屋市科学館山田卓先生の下で天文普及活動に参加。天体望遠鏡メーカーに勤務の後、1992年にフリーとなり星を見上げる楽しさを広めるべく、あさだ考房を設立。

天文・科学雑誌に記事を連載、単行本・プラネタリウム番組シナリオ執筆のかたわら、天文宇宙関連の講演・講座、プラネタリウム解説を行っている。

最近は、生涯教育を意識した、プラネタリウム運営支援、プラネタリウム解説指導にもかかわっている。日本天文学会会員、NPO法人アイ・プラネッツ理事長。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
14 ℃/5 ℃
東京
晴れ時々曇り
11 ℃/5 ℃
大阪
曇り時々晴れ
13 ℃/6 ℃
  • 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集