2016年6月の記事

<第46話>心に残る大関列伝(若嶋津編)

中学卒で入門するのが大半だった時代に、高校卒から角界入りしたのが若嶋津(本名・日高六男)です。鹿児島県種子島出身で入門時から色が浅黒く、のちに「南海の黒ヒョウ」とあだ名をつけられ、目の輝きが際立って…

2016/6/29

<第45話>心に残る大関列伝(琴風編)

輪湖時代が終わり、新両国国技館の誕生とともに千代の富士が小さな大横綱として脚光を浴びました。この時代、「おしん横綱」と呼ばれ、千代の富士を脅かした横綱が隆の里でした。両者の脇を固めた大関が三指数えま…

2016/6/10

プロフィール

日本福祉大客員教授、元NHKアナウンサー・相撲ジャーナリスト

1930年、北九州市生まれ。早大卒業後、53年NHK入局。初任地は名古屋局で、自身初の大相撲実況は54年2月に金山体育館で行われた大相撲名古屋場所(当時は準本場所)。

NHK在職中は名古屋、福岡、大阪、東京と大相撲の本場所開催地の放送局に在籍。81年、大関貴ノ花引退の放送で思わず絶句。“泣きの杉山、泣かせの杉山”と異名をとる。相撲以外でも東京、メキシコ五輪をはじめプロ野球など各種のスポーツ実況を担当。

現在は日本福祉大生涯学習センター名誉センター長、客員教授。名古屋・栄の中日文化センター講座「大相撲の魅力を語る」で講師を務める。深い知識と豊富な経験を基に、講座で興味津々の話題を紹介してくれる。

著書に「大相撲この名勝負」「土俵の鬼三代」「兄弟横綱−若貴の心・技・体」「土俵のチンギス・ハーン 白鵬」「土俵の真実」などがある。

1〜2 / 2件

ピックアップ

  • サンタ休んでマス
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
14 ℃/--
東京
晴れ時々曇り
16 ℃/--
大阪
晴れ後時々曇り
15 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集