記事一覧

豊田スタジアム界隈は信長の時代、なんと尾張だったのです

6月7,8日、今度は豊明市で桶狭間古戦場祭りがありました。特に8日は幹線道路を封鎖しての武者行列やら、合戦再現劇などがあり、縮小版名古屋まつりみたいな、いかにも市をあげてのお祭りらしい派手なものでし…

2014/6/16

松平元康、桶狭間合戦の半年後に信長と同盟

5月18日、名古屋市緑区で桶狭間古戦場まつりが今年も開催されました。昨年は雨に祟られましたが、今年は快晴の中、例年に増して大盛り上がり。 特に各地から集った甲冑武者隊の行列もあり、そこかしこに甲冑を着た…

2014/5/23

今年も二会場で桶狭間古戦場まつりが開催されます

今年も桶狭間の戦いの時期となりました。今回は美濃攻めの話はお休みして、桶狭間でのお祭りの話です。 永禄3年5月19日、新暦では1560年6月12日に行われた織田信長と今川義元の直接対決。敵の大将首を取ってしまっ…

2014/5/1

美濃攻めは二度の敗戦から始まりました

1560年(永禄3年)5月19日に桶狭間で思いがけず義元の首級をあげた信長、満26歳。このあとは1567年(永禄10年)に稲葉山城を落として岐阜城とし、天下布武を宣するまで7年間、美濃攻めを続けることになります。 …

2014/4/9

桶狭間合戦後、松平元康(家康)はどうやって撤退したのでしょうか

去る3月11日、高蔵寺中日文化センターで行ってきた半年間に渡る「尾張時代の信長を巡る」講座の最終回として、名鉄鳴海駅を出発して、鳴海城址、山王山、丹下砦、善照寺砦、中島砦、鷲津砦、正光寺砦、向山砦、大高…

2014/3/19

桶狭間合戦の謎解き その真相は!?

これまで桶狭間の合戦にまつわる地元の史跡をあちこち御紹介してきました。しかしこの合戦にまつわる謎は多く、決定的といえる説は出ていません。迂回奇襲なのか、正面攻撃なのか、今川義元はどこにいたのか…そこで…

2014/2/27

桶狭間史跡巡りその3 地元に残る様々なゆかりの場所

桶狭間の戦いといえば、東京都知事選に出ている細川護煕元首相が書いた「間狭桶」という大書きの書が、細川選挙事務所に掲げられているそうです。桶狭間の合戦は近世の曙とされていますが、都知事選を原発に依存し…

2014/1/29

桶狭間史跡巡りその2 桶狭間田楽坪古戦場公園と義元本陣跡

明治31年に日本陸軍参謀本部が刊行した「日本戦史桶狭間役」では、信長軍は善照寺砦から豊明の古戦場方面へ向かい、緑区姥子山あたりの山中を大きく迂回して、桶狭間の窪地で休息する義元軍の側面を突いたとされ、…

2014/1/9

桶狭間史跡巡りその1 2カ所の古戦場跡

さてこの連載では桶狭間の合戦間際まで話が進んでいるのですが、信長がどこから桶狭間の今川義元を攻めたのか、正面攻撃なのか、奇襲なのか、いや一体義元はどこに居たのか、この戦いにはあまりに多くの謎があり、…

2013/12/2

善照寺砦に入った信長、桶狭間に陣取った義元

熱田神宮で戦勝祈願をし、兵を集めた信長はこの時、満26歳。そういえば神宮本殿奥から鎧の音とともに白鷺が舞立ち、それを見て勝利を鼓舞したという話が真しやかに伝わっていますが、さすがにこれは後世の創作のよ…

2013/11/11

プロフィール

達人に質問をする

自動車&歴史ライター

1956年 名古屋市守山区(当時は守山市)生まれ。バンド活動から自動車雑誌、タウン雑誌などの編集を経て、出版編集・web制作を生業とする株式会社デイズを創業。

代表を務めつつ、自動車ライターとして、中日スポーツなどで試乗記を10数年間、毎週執筆。現在は「モーターデイズ」というwebサイトを中心に活動中。

今年5月には、長年の取材をまとめた「信長公記で追う桶狭間への道」を出版。織田信長誕生から桶狭間の合戦までの26年の人生、その年齢ごとのゆかりの地をクルマでたどる歴史観光ガイドムック(雑誌タイプの本)で、歴史ライターとしても活動を始めた。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(21:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
34 ℃/26 ℃
東京
曇り
32 ℃/25 ℃
大阪
曇り時々晴れ
34 ℃/27 ℃
  • 東名, 名神, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集