記事一覧

小牧山城がなぜ火車輪城と書かれたのかを考えてみました

瀬戸市の古刹・定光寺に年代記という寺の歴史を書き留めた書物がありますが、ここには信長時代のことも少し書かれています。1563年(永禄6年)2月には火車輪城の鍬始めがあったとあり、これは小牧山城の起工式と考え…

2016/10/12

信長の美濃攻め、後半部分の年表です

前回に引き続き、信長の美濃攻め年表後半部分です。 信長は小牧山城を作り、犬山、美濃攻略を一気に進めたと考える人が多いようですが、実は美濃攻略が第一義目的ではく、小牧に理想的な尾張の首都を作って、そこ…

2016/10/4

信長の美濃攻め、まとめ年表を作ってみました

この連載で書いてきた桶狭間の戦い以降、信長の美濃攻めのお話ですが、いよいよ稲葉山城(後の岐阜城)を攻略する直前まで来ています。 それは1567年のことで来年2017年は450年目となり、岐阜市ではいろいろと企画…

2016/9/14

森蘭丸が生まれた? 金山城は見所満載ですよ

1565年の堂洞合戦の後、信長は金山(岐阜県可児市兼山・1656年に兼山と改名)まで攻略したようです。ただ良好な資料がなく、信長公記にもありませんのでよくわかりません。 のちに様々な軍記ものに書かれたことな…

2016/8/20

墨俣一夜城は本当にあったのか? それを考えながら行ってみるのも一興かと

さて、今回は墨俣城、いわゆる墨俣砦に関してのお話を書いておきたいと思います。信長家臣の中で頭角を現してきていた羽柴秀吉が、美濃攻めの最終期である永禄9年(1566)9月に一夜城を築いたという話は、秀吉出…

2016/7/30

天空の城、苗木城。ここも信長に大いに関連しています

天空の城の一つとして最近脚光を浴びつつある岐阜県中津川市の苗木城。木曽川右岸にある432mの城山に作られた城は、明治維新で取り壊されてしまいましたが、江戸期の石垣がきれいに残り、その絶景展望は知る人ぞ知…

2016/7/13

どうしたら、豊明と緑区の桶狭間古戦場を一緒に観光開発できるのでしょうか?

(先回からの続き)実は6月12日に名古屋市が行った桶狭間の戦い再現劇の前週の日曜日、6月5日にも豊明市の方の古戦場公園で桶狭間古戦場祭りがありました。今回が50周年となるこの祭りは、地元住民にとってはも…

2016/6/27

桶狭間合戦から456年目の6月12日、同じ時間、同じ場所の再現劇が実現

永禄3年(1560年)5月19日に桶狭間の合戦がありましたが、これは現在の暦にすると6月12日です。今年この日は、日曜日。ということで河村名古屋市長がやるぞと気勢を上げたのが「桶狭間の戦い」再現イベントです…

2016/6/17

信長公記の作者である太田牛一も参戦した堂洞合戦

1565年(永禄八年)9月28日、中濃に進出した信長の軍勢は、岐阜県加茂郡富加町の堂洞砦を取り囲みました。ここは刃物で有名な関市の東5キロほどの位置で、今はまわりをゴルフ場のコースが取り巻いています。 城址…

2016/5/31

信長に味方した中濃の加治田城

どうも間が空いてしまっていますので、思い出していただくために、この頃の情勢からおさらいしてみます。織田信清の犬山城が落城したのは65年の2月頃という説が強まってきていますので、ここでもその説を取り、2月…

2016/4/28

プロフィール

達人に質問をする

自動車&歴史ライター

1956年 名古屋市守山区(当時は守山市)生まれ。バンド活動から自動車雑誌、タウン雑誌などの編集を経て、出版編集・web制作を生業とする株式会社デイズを創業。

代表を務めつつ、自動車ライターとして、中日スポーツなどで試乗記を10数年間、毎週執筆。現在は「モーターデイズ」というwebサイトを中心に活動中。

今年5月には、長年の取材をまとめた「信長公記で追う桶狭間への道」を出版。織田信長誕生から桶狭間の合戦までの26年の人生、その年齢ごとのゆかりの地をクルマでたどる歴史観光ガイドムック(雑誌タイプの本)で、歴史ライターとしても活動を始めた。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(21:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
34 ℃/26 ℃
東京
曇り
32 ℃/25 ℃
大阪
曇り時々晴れ
34 ℃/27 ℃
  • 東名, 名神, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集