記事一覧

猿啄城を取って岐阜城並の天下取った感を味わっただろう信長

さて、1565年8月頃の猿啄(サルバミ)城攻めですが、信長軍は木曽川を渡らないと美濃側の猿啄城を攻められません。そこで以前ご紹介したように、栗栖の渡しから渡ったのではないかと考えられています。 犬山橋から…

2016/2/3

信長が作った城あるいは砦、かもしれない伊木山城

すっかり間が空いてしまったので、犬山から中濃へ進出する信長に関しておさらいです。信長の一級史料である信長公記を読んでも、織田信清の犬山落城に関しては「いつ」が全く書かれていません。 そこでいろいろな…

2016/1/13

清州城から信長のみならず河村名古屋市長までが出陣!?

去る11月29日の日曜日、またまた若き信長関連のイベントがあったので、その報告をしておきたいと思います。中日新聞やテレビでも報じられましたからご存じの方もあるかと思いますが、名古屋市が「桶狭間の戦い再現…

2015/12/7

日本遺産「信長公のおもてなしが息づく戦国城下町・岐阜」

去る11月22日、「信長公のおもてなしが息づく戦国城下町・岐阜」として文化庁から日本遺産(Japan Heritage)に選定された岐阜市で、第8回の信長学フォーラムが行われました。1567年に稲葉山城(後の岐阜城)を落と…

2015/11/27

もみじ寺犬山寂光院で紅葉と信長ビューを味わってはいかが

1565年(永禄8年)2月に従兄弟の信清が籠る犬山城を落城させた信長ですが、この年7月15日には佐々主知と柴田勝家の連名の寄進状が、犬山市北部、継鹿尾の真言宗寂光院宛に出ています。これは寺領一町五反を寄進する…

2015/10/29

国宝犬山城から信長の視点で、あたりを見渡してみてください

前に犬山落城は1565年(永禄8年)7月としましたが、最近の研究では2月ではないかとなっています。この辺りの最新研究はほぼ横山住雄先生の独壇場で、昨今の著書では2月とされていますので、それに従いたいと思いま…

2015/10/14

桶狭間古戦場を観光資源とするにはどうしたらいいか、そんなシンポジウムが開かれました

去る9月6日の日曜日、名古屋市中村区の芝居小屋「三楽座」で名古屋市市民経済局観光推進室が主催する「桶狭間の戦いと観光魅力」市民シンポジウムが開催されました。武将観光ガイド「信長公記で追う桶狭間への道」…

2015/9/13

全国のパワーゲームと無縁ではいられない小牧山城の信長

1563年(永禄6年)数えで30歳となった記念?に小牧山城を作った信長。このころ事実上「尾張の覇者」となった信長ですが、そうなると全国の動向と無縁ではいられません。1560年(永禄3年)の桶狭間の戦いのあたりか…

2015/8/23

信長時代の風景はどんどんなくなっています。見学はお早めに

先日、私がやっているある歴史講座の一環で、受講者の皆さんと「村木砦の戦い」の場所をめぐる小ツアーに出かけました。 そこで驚いたのですが、久々に訪れた村木砦跡(愛知県知多郡東浦町森岡取手)の敷地内が整…

2015/7/16

竹中半兵衛の美濃稲葉山城乗っ取り

家康と同盟し、小牧山城を作り、新首都の建設と犬山攻めをするための準備(黒田城や小口城の調略)に追われていたために、美濃攻めは一旦休止となっていたのが1563年から64年ごろの信長です。 一説には美濃の斎藤…

2015/6/24

プロフィール

達人に質問をする

歴史ライター

名古屋市守山区出身。地元出版社で自動車雑誌、タウン雑誌などの編集者を経て、編集・web制作の株式会社デイズを創業し、現在は代表取締役会長。

長く自動車ライターとして活動してきたが、2012年に信長ゆかりの地をめぐるガイド本「信長公記で追う桶狭間への道」を出版し、以降は歴史ライターを中心に活動。2018年に「信長公記・天理本」の首巻部分を現代語訳(かぎや散人氏・訳)で出版し、2019年には「桶狭間の戦い」の新解釈(新説)を歴史雑誌で発表した。座学と現地歩きの講座「若き信長150名所スタンプラリー」を鳴海中日文化センターで開講中。

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
15 ℃/6 ℃
東京
曇り
12 ℃/4 ℃
大阪
曇りのち晴れ
15 ℃/8 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集