フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (501/2771)

2018年7月13日 大きな高山P助誕生 高山署 マスコットキャラクターの着ぐるみ

【岐阜】着ぐるみの完成を熊ア署長に報告した土川交通課長(左)=高山署で(2018/7/13 飛騨総合版)

【岐阜】着ぐるみの完成を熊ア署長に報告した土川交通課長(左)=高山署で(2018/7/13 飛騨総合版)

 高山署のマスコットキャラクター「高山P助」の着ぐるみを、同署の土川孝則交通課長(56)が手作りし、10日に署でお披露目した。着ぐるみは今後、署の広報活動などで活躍する。

 昨年12月、からくり人形をモデルに署員が考案した高山P助は、ぽてっとした大きな頭に、ぱかっと開く口が特徴。青色の耐刃防護服を着て、黒い羽織をまとい、右手に十手を握る。

 「頭と胴体の比率を忠実に再現するのが大変だった」と土川課長。手芸や大工仕事が得意なことから、2月下旬に製作を引き受け、勤務時間外に少しずつ取り組んで約4カ月かけ完成させた。

 大きな頭は、直径75センチ、高さ55センチの発泡スチロールに布を貼り付け作製。着物は自宅にあった浴衣を参考にミシンで縫い上げた。耐刃防護服は布団のマットに針金を通し、手縫いで丸く成形。十手は、ソフト警棒の芯にアルミホイルを巻いた。材料費は計約5000円。

 熊ア浩芳署長は「手作りとは思えない出来栄え。警察の活動に興味を持ってもらうきっかけになればと思う」。土川課長は「市民に愛される存在になり、交通事故を1件でも防いでほしい」と期待を込めた。(戎野文菜)


ピックアップ

  • 中日ボイス『会社の忘年会、あなたは出る?出ない?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇り
13 ℃/--
東京
曇り
10 ℃/--
大阪
晴れ
15 ℃/--
  • 東名, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集