フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (508/2784)

2018年7月18日 こにゅうどうくん 京本さんと共演

【三重】映像の撮影風景。(右から)風谷さんと京本さん、こにゅうどうくんが出演する=四日市市安島の市立博物館で(同市提供)(2018/7/18 北勢版)

【三重】映像の撮影風景。(右から)風谷さんと京本さん、こにゅうどうくんが出演する=四日市市安島の市立博物館で(同市提供)(2018/7/18 北勢版)

 都市イメージの向上に役立てようと、四日市市は地域の魅力を発信する「シティプロモーション映像」を作った。俳優の京本政樹さんが監督兼主演を務め、自身が出演した時代劇「必殺シリーズ」を模して四日市の歴史や文化を紹介する作品となっている。18日正午から市ホームページで公開する。(曽田晋太郎)

 タイトルは「必見 四日市」。京本さんのほか、俳優の風谷南友(なゆ)さん、市マスコットキャラクター「こにゅうどうくん」が出演する。妖怪の子ども役のこにゅうどうくんが町娘役の風谷さんと友達になろうとやりとりを繰り広げ、四日市の翔役の京本さんが登場する。背景に市立博物館や茶室の泗翠庵(しすいあん)、伝七邸、四日市あすなろう鉄道、コンビナート夜景が映る。

 映像は3分半の本編と60秒のダイジェスト版、15秒のCM版がある。制作費は500万円。四日市、名古屋両市内の映画館や東京都内の街頭ビジョンでも映し、活用する。

 森智広市長は「四日市のいいところを凝縮し、印象に残る映像に仕上がった」と説明。「大勢に見てもらい、四日市に興味を持つ人が増えてほしい」と期待を込めた。


ピックアップ

  • サンタ休んでマス
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
14 ℃/--
東京
晴れ
13 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
15 ℃/--
  • 東名, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集