フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (483/2771)

2018年8月9日 象徴の大木→マスコット 設楽の津具小 住民が彫刻、「トマポ」完成

【愛知】チェーンソーを使って「トマポ」の像を彫刻する金田さん=設楽町津具小で(2018/8/9 東三河総合版)

【愛知】チェーンソーを使って「トマポ」の像を彫刻する金田さん=設楽町津具小で(2018/8/9 東三河総合版)

 設楽町の津具小学校にそびえていたメタセコイアの大木が、学校のマスコットキャラクター「トマポ」に生まれ変わった。チェーンソーアートのベテラン、金田正幸さん(69)=同町平山=が彫刻し、8日完成にこぎ着けた。

 津具小のシンボルツリーとして親しまれてきたメタセコイアは、樹齢35年。3階建て校舎を超えるまでに成長し、校庭を見下ろしていた。

 しかし近年は太い枯れ枝がしばしば落下し、児童に危害を加える恐れが出てきた。万一倒れた場合は校舎を破損する可能性もある。

 このため学校は6月30日、地上から2.3メートルを残して伐採し、「大木の面影を伝えていこう」と金田さんに彫刻を依頼していた。

 トマポは、津具特産のトマトと、夏季に学校周辺で乱舞が見られる蛍を組み合わせたマスコット。金田さんは3台のチェーンソーを使い、今月4日から炎天下で作業を進めてきた。

 頼りは1枚のイラストだけ。「難しかったけど、何とか仕上げることができました。子どもたちに喜んでもらえれば」と金田さん。28人の児童は、22日の登校日にトマポ像と初めて対面する。

 津具小は来年、開校45周年を迎える。「記念の意味も込めて彫刻にしました。児童たちの成長を末永く見守ってくれることでしょう」と村松基嗣(もとつぐ)教頭(55)は目を細めていた。(鈴木泰彦)


ピックアップ

  • 中日ボイス『会社の忘年会、あなたは出る?出ない?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
14 ℃/--
東京
晴れ
12 ℃/--
大阪
曇りのち晴れ
13 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集