フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (307/2644)

2018年10月17日 交通事故は許さない! 豊田守れ シグナルンジャー

【愛知】こども園の近くにある横断歩道を前に、ポーズを決めるシグナルンジャー=豊田市越戸町で(2018/10/17 豊田版)

【愛知】こども園の近くにある横断歩道を前に、ポーズを決めるシグナルンジャー=豊田市越戸町で(2018/10/17 豊田版)

 交通死亡事故が深刻な豊田市で、交通マナーを啓発する新たなヒーローが立ち上がった。その名は「無事故戦隊シグナルンジャー」。昨年11月に誕生し、市交通安全学習センターを拠点に活躍してきた。今月には、初めてセンターを飛び出し、越戸こども園で園児たちに横断歩道を渡る時の心得を伝えた。(森本尚平)

 「助けて、シグナルンジャー!」。園児100人の悲痛な叫びを聞いたシグナルンジャー3体が駆け付けた。それぞれ信号の色に合わせ、青、黄、赤の特殊なスーツに身を包む。覆面をかぶり、素顔は分からない。園では、交通マナーを守らない宿敵「ボスブラック」がいたずらをしていた。3体は苦しみながらも懸命に闘い、見事退散させた。

 子どもたちの安全を切に願うシグナルンジャーは、遊戯室に信号を設置し、床には横断歩道を模したシートを敷いて、横断歩道での交通マナーを伝授。「歩行者信号が点滅したら渡り始めてはいけません」。手取り足取り教え、渡る時には手を挙げ、車が来ないか左右を2度確認してから進むよう指導した。年中の峯村奏多ちゃん(5つ)は「教えてもらったことをしっかり守りたい」と力強くうなずいた。

 リーダーのレッドは歩行者の安全、ブルーは自転車の安全を守り、イエローは子どもが犠牲になりかねない飲酒運転の撲滅に力を尽くす。毎月第1日曜日に開かれるセンターの催しに度々登場し、大切な市民に交通マナーを守るよう呼び掛けている。

 豊田市での交通死亡事故死者数は13日の事故で9人となり、15日には今年初めて「交通死亡事故多発非常事態宣言」が発令された。今後も子どもたちや市民の助けを聞けば駆け付ける。レッドは「10月から年末にかけて事故が増える。より一層、交通安全を意識して気をつけてほしい」と願う。

 「横断歩道を渡る時は、左右をしっかり確認してから渡ってくれよな!」。そう言い残して去って行ったシグナルンジャー。本当は、活躍しなくてもすむよう望んでいるのはシグナルンジャー自身かもしれない。


  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ後雨
31 ℃/23 ℃
東京
曇り
30 ℃/23 ℃
大阪
曇りのち雨
28 ℃/24 ℃
  • 東名, 名神, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集