フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (401/2747)

2018年10月30日 初の認証産品18件メイド・バイ飛騨高山「さるぼぼ」「宿儺かぼちゃ」「朴葉みそ」…

【岐阜】市の認証産品に選ばれた「飛騨のさるぼぼ」=高山市役所で(2018/10/30 飛騨版)

【岐阜】市の認証産品に選ばれた「飛騨のさるぼぼ」=高山市役所で(2018/10/30 飛騨版)

 高山市は29日、地元産品の魅力向上や消費拡大を図るため本年度新設した「メイド・バイ飛騨高山」認証制度で、最初の認証産品18件を発表した。市は今後、市ホームページや物産展などで紹介、市内の小売店の協力も得ながら、産品のPRに力を入れる。(戎野文菜)

 18件は、昔から作られている「飛騨のさるぼぼ」や伝統工芸品「飛騨春慶」「飛騨一位一刀彫」、特産の野菜「宿儺(すくな)かぼちゃ」「タカネコーン」など。それぞれ東京都在住の会社員、高木香菜子さんが飛騨高山の山や川、木々、雪をイメージして制作したセピア色のロゴマークが表示される。

 認証は、市内で生産、加工された農林水産物や工芸品などが対象で、飛騨高山の風土と暮らしに基づく物語があることや、独自性、信頼性、将来性、安全や環境への配慮がされているかなどが条件となる。市は4〜6月に募集、応募があった24件を有識者11人が10月3日に審査し、18件の認証を決めた。認証産品の有効期間は3年。ロゴマークは公募で集まった236点から選ばれた。

 市は11月1日に同市昭和町1の市民文化会館で認証式を開き、代表者に登録証を贈る。来年度以降も毎年募集、認定する予定。ブランド戦略課の川田秀文課長は制度を通し「地場産品に誇りを持って発展させてほしい。地域のイメージの向上にもつなげたい」と期待した。

 ◇第1回認証産品
 宿儺かぼちゃ(丹生川宿儺かぼちゃ研究会)、飛騨メロン(飛騨メロン研究会)、タカネコーン(タカネコーン生産組合)、たかねの蜂蜜(たかねの秘蜜の会)、飛騨高山の酒(高山蔵元会)、飛騨高山荘川そば(荘川そば推進協議会)、火畑そば(NPO法人ワイ・アイ・ケー)、飛騨高山のエゴマオイル(飛騨えごま普及推進協会)、飛騨牛乳(飛騨酪農農業協同組合)、栗よせ(高山菓子組合)、飛騨高山の赤かぶら漬け(高山漬物組合)、朴葉みそ(高山味噌組合)、飛騨春慶(飛騨春慶連合協同組合)、飛騨一位一刀彫(飛騨一位一刀彫協同組合)、渋草焼・芳国舎(芳国舎渋草製陶所)、渋草焼・柳造窯(渋草柳造窯)、宮笠(宮笠保存会)、飛騨のさるぼぼ(飛騨のさるぼぼ製造協同組合)


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
17 ℃/8 ℃
東京
晴れ
17 ℃/8 ℃
大阪
晴れ
17 ℃/8 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集