フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (185/2543)

2018年11月14日 干支飾り もう作れません 設楽で展示18年 小川さん 高齢理由に

【愛知】最後の作品となった「花咲かじいさん」と小川さん=今年1月、設楽町田口で(2018/11/14 東三河総合版)

【愛知】最後の作品となった「花咲かじいさん」と小川さん=今年1月、設楽町田口で(2018/11/14 東三河総合版)

 視力と根気が衰え、もう作れません−。毎年正月、干支(えと)にちなんだ造形を自宅前に展示してきた設楽町田口、小川正夫さん(78)が、来年用の作品制作を断念した。アイデアを凝らした干支飾りは、新春の田口の町を彩る風物詩だった。(鈴木泰彦)

 小川さんの自宅前を通る県道は、田口小学校の通学路になっている。「登下校時の子どもたちを守りたい」と交通安全の看板を添え、2001年から干支にちなんだ飾り作りを始めた。

 絵本や図鑑、インターネットを参考に構想を練り、発泡スチロール、ペットボトル、古着など身近な材料を使って手作りする。夏ごろから準備を始め、大みそかぎりぎりまで制作するのが毎年のパターンだった。

 当初は、干支が一巡した12年で打ち止めにするはずだった。しかし、「次は何を作るだん?」「楽しみにしとるでやあ」と期待の声が相次ぎ、「やめるにやめれんくなりました」。テーマを探しに、町外の図書館へも足を運んだ。

 除夜の鐘が鳴ると、近くの白山神社へ向かう初詣の参拝者が自宅前をぞろぞろ歩く。「今年もうまくできたのん」。ガラス戸越しに聞こえてくる「批評の声」を聞くのが、何よりの励みだった。

 小川さんは最近、白内障で視力が衰え、細かい作業が苦手になった。アイデアもなかなか浮かんでこない。「残念ですが、思い切ってやめることにしました」。戌(いぬ)年の今年の作品「花咲かじいさん」が最後になった。

 「これまで、よく続けられたなあと思います」。来年のお正月には「ご披露できなくなりました。ごめんなさい」の看板を掲げることにしている。


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇りのち時々晴れ
29 ℃/19 ℃
東京
曇り時々晴れ
28 ℃/19 ℃
大阪
曇り時々晴れ
29 ℃/21 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集