フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (233/2771)

2019年6月5日 奏でた音色 おなかに響け ぶんと ゼロ歳児から音楽イベント 今月下旬から 10年後のクラシックファンを

【三重】応援大使に任命された「いが☆グリオ」と中村理事長=伊賀市西明寺で(2019/6/5 伊賀版)

【三重】応援大使に任命された「いが☆グリオ」と中村理事長=伊賀市西明寺で(2019/6/5 伊賀版)

 おなかの中の赤ちゃんや未就学児にクラシックを−。伊賀市文化都市協会(ぶんと)は今月下旬から、乳幼児を対象にした音楽イベント「チャイルドクラシックプログラム」を始める。プロの演奏を聴いてもらうだけでなく、胎教を意識した絵本の朗読を取り入れる。「幼いうちから生演奏に親しんでもらい、クラシック人口を増やしたい」と話す。(飯盛結衣)

 対象は▽マタニティー(妊婦)▽ゼロ〜1歳児▽2〜4歳児▽5歳児−の4つ。これまでもマタニティー、5歳児向けのイベントはあったが、より成長段階に合わせて音楽を提供する。

 第1弾として30日、妊婦を対象にした「おなかのなかからクラシック」を市文化会館さまざまホールなどで開く。午前11時15分から30分間、大阪交響楽団による演奏、同50分から40分間、胎教によい朗読や絵本の読み聞かせがある。入場無料で大人2人まで同伴可。

 7月15日には市文化会館ホワイエでゼロ〜1歳児向けの「2歳になるまでのクラシック」。午後1〜2時にバイオリンとピアノの演奏、2時半まで絵本の読み聞かせなど。担当者は「音楽に合わせ自由に動いたり、声を出したりしてください」と呼び掛ける。大人500円、子ども100円。6月15日から市文化会館などで販売する。

 ぶんとは2015年度から「クラシックのいろは」として、小学生以上を対象にしたコンサートを企画してきた。だが来場者の8割を高齢者が占め「10年後に向けて新たなクラシックファンをつくりたい」としている。

 ぶんとの中村忠明理事長は3日、ご当地キャラクター「いが☆グリオ」をプログラムの応援大使に任命した。中村理事長は「全国でも珍しいプログラムになった」、タキシード姿のグリオは「小さいころからクラシックをきいてもらい、伊賀市を忍者、芭蕉さん、そしてクラシックのまちにしたいぐり」と意気込んだ。(問)ぶんと=0595(22)0511


ピックアップ

  • 中日ボイス『会社の忘年会、あなたは出る?出ない?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
14 ℃/--
東京
晴れ
12 ℃/--
大阪
曇りのち晴れ
13 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集