フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (89/2806)

2019年10月17日 ひこにゃん 全国お礼回り 活動危機で支援のご当地キャラへ

【滋賀】しんじょう君(右端)と蒼竜神マヴェル(左から2人目)にお礼を伝える荒川代表理事(左端)と、ひこにゃん=高知県須崎市で(彦根市提供)(2019/10/17 滋賀中日版)

【滋賀】しんじょう君(右端)と蒼竜神マヴェル(左から2人目)にお礼を伝える荒川代表理事(左端)と、ひこにゃん=高知県須崎市で(彦根市提供)(2019/10/17 滋賀中日版)

 彦根市の予算に市の人気キャラクター「ひこにゃん」の委託料が計上されなかったことを受け、活動資金の支援を募った同市の一般社団法人「日本ご当地キャラクター協会」が、ひこにゃん同行の下、協力してくれた全国のご当地キャラクターたちにお礼をして回っている。(稲垣遥謹)

 本年度一般会計当初予算案が否決された市は、人件費など義務的な経費を計上した暫定予算案を市議会に上程、可決されたが、ひこにゃんの委託料が含まれず、一時、活動が危ぶまれた。業務委託を受けている協会は4月から6月まで、活動継続を目指し、クラウドファンディングや募金への協力を求めた。

 ひこにゃんのピンチに、千葉県船橋市の「ふなっしー」や愛知県岡崎市の「オカザえもん」をはじめとするキャラクターと全国のファンらが協力。計531万円ほどの寄付が集まった。協会の荒川深冊代表理事(49)がお礼に出掛けるのにひこにゃんも同行。9月、名古屋市の商業ビル「名鉄レジャック」のキャラクター「クジャック」を皮切りに、訪問し始めた。

 これまでに、「しんじょう君」(高知県須崎市)と「ツルきゃらうどん脳」(香川県)、「蒼竜神マヴェル」(徳島県)、「和倉温泉わくたまくん」(石川県)を訪問。クラウドファンディングの返礼品でもあるひこにゃんのカードセットやポストカードを贈った。荒川代表理事は「ひこにゃんが無事に活動できるのは皆さんの協力のおかげ。いただいた応援に対する感謝をしっかりと伝えていきたい」と話している。

 今後は19、20日に彦根市である「ご当地キャラ博」でふなっしーとオカザえもんにお礼。「チャチャ王国のおうじちゃま」(京都府宇治市)や「いっせー」(長野県木祖村)も訪ねる。


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇り
12 ℃/--
東京
雨か雪後曇り
6 ℃/--
大阪
曇り
13 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集