フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (73/2806)

2019年10月28日 友禅大使ら 笑顔で「ようこそ」 小松−上海、週6便スタート

【石川】笑顔で乗客を迎える加賀友禅大使ら=小松市の小松空港で(2019/10/28 金沢表版)

【石川】笑顔で乗客を迎える加賀友禅大使ら=小松市の小松空港で(2019/10/28 金沢表版)

 中国東方航空は27日、小松−上海定期便の週6便での運航を始めた。これまでは週4便だったが、冬ダイヤ(来年3月28日まで)初日の27日から増やした。小松空港では着物姿の加賀友禅大使や小松市のマスコット「カブッキー」らが、笑顔で乗客を歓迎した。

 冬ダイヤは水曜を除き、1日1便運航する。2018年度の利用者は過去最多の約4万3000人。地方空港と上海・北京を結ぶ路線数の制限が撤廃されたため、同社が増便を決めた。

 加賀友禅大使6人のほか、福井県のマスコット「サウタン」も駆けつけた。国際線到着ロビーでは、大使たちが「ようこそ」などと乗客91人を歓迎。観光情報などが書かれた冊子を手渡し、魅力をPRした。

 (青山直樹)


  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り一時雨
10 ℃/5 ℃
東京
曇り
6 ℃/4 ℃
大阪
曇り一時雨
11 ℃/6 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集