フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (61/2806)

2019年11月7日 「高浜とりめし」障害者とともに 福祉事業所60人に振る舞う

【愛知】とりめしを振る舞った高浜とりめし学会の浅岡代表(左)ら=高浜市向山町6の授産所高浜安立で(2019/11/7 西三河総合版)

【愛知】とりめしを振る舞った高浜とりめし学会の浅岡代表(左)ら=高浜市向山町6の授産所高浜安立で(2019/11/7 西三河総合版)

 高浜市のご当地グルメ「高浜とりめし」でまちおこしを図る高浜市商工会食品部会でつくる「高浜とりめし学会」の6人が6日、同市向山町6の障害福祉サービス事業所「授産所高浜安立」で、施設利用者ら約60人に100食を振る舞った。(福沢和義)

 兵庫県明石市で23、24両日に開かれる「第11回B−1グランプリ」出場に向け、市民に応援してもらう機運を高める狙い。とりめしの全国大会出場は3年ぶり6回目。県内からは瀬戸市の瀬戸焼そば、豊川市の豊川いなり寿司(ずし)も出場。全国から計55団体が集う。

 今回は開催地が関西であることに合わせ、三河地区よりも甘めの薄味に仕立て、関西風の味付けにした。たまりとしょうゆの割合を7対3から6対4に変更したことで、しょうゆの色が薄まり、具の鶏肉やニンジン、シイタケ、油揚げなどの存在感も増した。

 学会は障害者と一緒にグランプリに出場することを模索したが、実現しなかった。このためイベントへの思いを共有してもらおうと、学会の浅岡隆之代表(54)は「障害のある人にも一緒にグランプリに向けて同じ思いを持ってほしい」と語る。

 授産所高浜安立では食堂に、利用者らが準備した応援メッセージを掲示した。高浜安立の近藤高史課長(55)は「なかなか現地まで出掛けることはできないけど、とりめしを通じて触れ合い、みんなで応援したい」と話した。


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇り
12 ℃/--
東京
雨か雪後曇り
6 ℃/--
大阪
曇り
13 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集