フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (54/2806)

2019年11月9日 ゆるキャラGP めい姫 全国23位 明和町マスコットキャラクター 県内最高 着物のたもと揺らし大喜び

【三重】6月にあった斎王まつりでダンスを披露するめい姫=明和町斎宮で(2019/11/9 松坂・紀勢版)

【三重】6月にあった斎王まつりでダンスを披露するめい姫=明和町斎宮で(2019/11/9 松坂・紀勢版)

 明和町のマスコットキャラクター「めい姫」が、人気投票でご当地や企業のキャラクター日本一を決める「ゆるキャラグランプリ2019」で、1万4988ポイントを獲得して全国23位になった。県内のキャラクターの中では最高位。2012年に初めて出場してから、着々と順位を伸ばし、実った快挙にめい姫は着物のたもとをパタパタと揺らして喜んでいる。(清水悠莉子)

 グランプリはインターネット投票と、3日に長野県で行われた決選投票によって順位が決められた。今年は全国の427のキャラクターが出場した。

 めい姫は町のキャラクターとして11年に誕生。平安時代、ノハナショウブが、天皇に代わって伊勢神宮に仕える斎王の姿をながめて憧れているうちに、めい姫の姿になった設定だ。十二単(ひとえ)を身にまとい、髪飾りは町の花であるノハナショウブだ。

 身長は「さいおう」の語呂で131.0センチ、体重は「さいくう」の31.9キロ。性格はのんびりしているが、好奇心旺盛でやんちゃな面もある、とか。

 誕生当初は町が管理していたが、15年に町観光協会へ管理が委託された。テーマソングやオリジナルのダンスも作られ、町内外のイベントに参加して町をPRしてきた。トートバッグや扇子などのグッズが9種類あり、ラインスタンプも5種類作られている。

 ゆるキャラグランプリには12年から出場してきたが、しばらく順位は3桁台から脱却できず、昨年から順位を上げるための広報活動を積極的に行っていた。近鉄斎宮駅で朝の通勤、通学客にチラシを配り、イベントで参加者と触れ合ってPRし、1昨年の195位から昨年は36位へ大躍進した。

 今年もイベントや観光協会の会員制交流サイト(SNS)で投票を呼び掛けてきた。観光協会の大平みさき事務局長は「ずっとめい姫を応援してきたのでうれしい。これからももっとめい姫と町を知ってもらえるようPRしたい」と喜んだ。


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
雨のち曇り
13 ℃/--
東京
晴れ時々曇り
19 ℃/--
大阪
雨のち曇り
14 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集