フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (39/2806)

2019年11月27日 日帰り入館者300万人 鯖江・ラポーゼかわだ

【福井】300万人目の日帰り入館者となり、牧野市長(左)から記念品を受け取った男性の一家=鯖江市上河内町のラポーゼかわだで(2019/11/27 嶺北総合版)

【福井】300万人目の日帰り入館者となり、牧野市長(左)から記念品を受け取った男性の一家=鯖江市上河内町のラポーゼかわだで(2019/11/27 嶺北総合版)

 鯖江市上河内町の温泉宿泊施設「ラポーゼかわだ」の日帰り入館者数が23日、1995年の開館から300万人に到達した。施設内のレストランも同日にリニューアルオープンした。

 300万人目となったのは同市糺町の男性(33)の一家。牧野百男市長らから記念品として、入浴券や越前塗り箸が贈られた。

 男性はレストランの新装開店を知り、妻(34)と長男(2つ)と訪れた。「300万人目になって驚いたが、大変うれしい。また来ます」と笑顔を見せていた。

 改装したレストランは小上がり席を新たに設置。地元の河和田地区が越前漆器の産地であることにちなみ、壁には漆塗りのパネルが掛けられ、伝統工芸品をアピールしている。

 ラポーゼかわだは本年度から、サービス業「フードサービス福井」(福井市)が指定管理者として運営。来年度はパン作りなどができる体験工房とエントランスホールの改装を予定している。 (玉田能成)


  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集