フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (14/2806)

2019年12月17日 年賀はがき リサイクルを 高岡市役所に回収箱設置

【富山】使用済み年賀はがき回収箱に使用済みのはがきを入れる「ちくりん」=高岡市役所で(2019/12/17 富山総合版)

【富山】使用済み年賀はがき回収箱に使用済みのはがきを入れる「ちくりん」=高岡市役所で(2019/12/17 富山総合版)

 高岡市と中越パルプ工業高岡工場は16日、再生紙にリサイクルする使用済み年賀はがきの回収箱を市役所1階ロビーに設置した。

 2018年度の使用済み年賀はがきの回収量は17年度の3倍近い約31万3000枚(約940キロ)で過去最多となった。17年度の回収量は約10万8000枚(約326キロ)で、市環境政策室は18年度から市内の小中学校と支援学校の計39校に回収箱を置き、市民のリサイクル意識が定着したことが増加につながったとみている。

 同日、設置式が同市役所であり、同社の磯部勉高岡工場長と梅崎幸弘市民生活部長が回収箱を配置し、同社環境保全マスコット「ちくりん」が使用済み年賀はがきを入れた。

 磯部工場長は「リサイクルの輪が広がっている。環境保全の行動に出るきっかけにしてほしい」とあいさつ。梅崎部長は「環境意識を高めることが、資源循環や資源保全につながる」と話した。

 回収は、10年度から毎年続けており、19年度は10年の節目になる。同社は毎年度、回収したはがきを使用し、コピー用紙などの再生紙を製造。市内の小中学校、支援学校、こどもエコクラブなどに学習用紙として寄贈している。

 市役所1階ロビーには、こどもエコクラブの活動作品展コーナーも25日まで開設している。クラブ加盟の6保育園の園児が寄贈用紙を活用した作品が飾られている。

 回収期間は来年3月31日まで。小中学校と支援学校では来年1月8〜24日に回収箱を置く。同クラブ所属の幼稚園、保育園計32カ所にも順次設置する。 (武田寛史)


  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
11 ℃/2 ℃
東京
晴れ後曇り
11 ℃/2 ℃
大阪
曇り時々晴れ
10 ℃/3 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集