フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (7/2806)

2019年12月21日 全国ゆるキャラ四日市に 来月感謝祭 「大入道を催しに」 市、ネットで寄付金募る

【三重】感謝祭に参加するこにゅうどうくん=四日市市沖の島町で(2019/12/21 北勢版)

【三重】感謝祭に参加するこにゅうどうくん=四日市市沖の島町で(2019/12/21 北勢版)

 全国のゆるキャラ約40体が集合する「ご当地キャラクター感謝祭」が来年1月12日、四日市市羽津甲の四日市ドームで開かれる。市が主催し、市マスコットキャラクター「こにゅうどうくん」と、その父親とされる県有形民俗文化財のからくり人形「大入道」が共演する。(高島碧)

 キャラクターは、県内では菰野町観光協会の「こもしか」や、2017年のお伊勢さん菓子博の公式キャラクター「いせわんこ」が登場。県外では、高知県須崎市の「しんじょう君」や大阪府泉佐野市の「イヌナキン」らが参加する。来場者と記念撮影などで触れ合うほか、こにゅうどうくんとしんじょう君がデジタルゲームで競う「eスポーツ対決」もある。

 市は大入道をイベントに登場させるため、必要経費の100万円に充てる寄付金を、ふるさと納税制度を活用したインターネットのクラウドファンディングで集めている。20日現在で20万円しか集まっておらず、市観光交流課は「目標達成は厳しい状況だが、寄付金と市の予算を使って大入道は呼びたい」と話す。大入道は大四日市まつりと四日市祭の年2回のみお披露目されるが、後継者づくりの弾みにとPRする。

 東海ラジオで毎週日曜日に放送されている市の番組の公開収録もある。ゲストに今年の紅白歌合戦に出場する子どもユニット「Foorin」や、ゆるキャラ好きアイドル寺嶋由芙さんが出演する。

 イベントは事業費600万円。時間は午前11時45分〜午後4時。入場は無料。イベントに先駆けて、午前9時から市消防出初め式も開かれる。消防団によるはしご登り演技や、一斉放水訓練がある。(問)観光交流課=059(354)8286


  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集