フォトギャラリー

中部ご当地キャラニュース (2413/2486)

2013年6月7日 柳ケ瀬活性化公認ガール「ゆっこ」 「やななの志 秘書が継ぐ」

【岐阜】やななの人形と同じポーズを取る森有紀子さん=岐阜市柳ケ瀬通2の柳ケ瀬あい愛ステーションで(2013/06/07 岐阜近郊版)

【岐阜】やななの人形と同じポーズを取る森有紀子さん=岐阜市柳ケ瀬通2の柳ケ瀬あい愛ステーションで(2013/06/07 岐阜近郊版)

 3月末に引退した岐阜市の柳ケ瀬商店街のゆるキャラ「やなな」を支えた秘書が、かつての「上司」の志を継ぎ、街の活性化に励んでいる。「ゆっこ」こと岐阜大教育学部3年の森有紀子さん(20)。「やななが残したものを引き継ぎたい」と、5月から商店街でステージイベントを始めた。(豊田直也)

 5月18日に商店街のステージで開かれた「柳ケ瀬サンド」。やなながいなくなった後の柳ケ瀬に、200人もの観衆が集まった。お笑い芸人の卵や地元ジャズバンドらを招き、森さん自身も舞台に上がって、お気に入りの柳ケ瀬の店を紹介した。

 柳ケ瀬サンドは、10〜20代の仲間4人とともに初めて企画した催し。観衆の中には、やななのイベントで見た顔がたくさんあった。今後も毎月第3土曜日の定例イベントとして続けていくつもりだ。

 岐阜市出身。小学生のころから、柳ケ瀬にあったお気に入りの雑貨店や文具店に通った。でも、いつの間にかそれらの店は消えていった。子ども心に、寂れていく柳ケ瀬を感じていた。

 まちづくりに関わり始めたのは、大学1年の時。友人に誘われ、街づくり団体「ひとひとの会」のボランティアとしてイベントの準備に携わるように。持ち前の明るさを生かし舞台にも上がり、話せないゆるキャラとの掛け合いで会場を盛り上げた。

 やななのイベントには、北海道や沖縄から来るファンもいた。やななが引退した時、「やななが柳ケ瀬に増やした笑顔を、もっと増やしたい」と思った。

 4月には、岐阜柳ケ瀬商店街振興組合連合会が、森さんを「公認マスコットガール」に任命。ちょっと聞き慣れない肩書だが、連合会の市川博一理事長(57)は「行事にも出てもらい、彼女のキャラクターで商店街を明るくしてほしい」と期待する。

 昭和の雰囲気の残る商店街。平成生まれの森さんにとっては、会う度にハグしてくる親戚のようなおばちゃんや、ちょっと怖くて会う度に背筋が伸びる頑固おやじなど、個性豊かな店主たちが魅力に映る。

 「広告塔になって、私を通して柳ケ瀬に興味を持ってもらえたら」。やななと一緒に過ごし、感じてきた“柳ケ瀬愛”を、今度は自分が発信する。


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
雨
20 ℃/--
東京
雨時々止む
21 ℃/--
大阪
曇りのち雨
23 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集