第100回全国高校野球選手権 岐阜大会 高校野球TOPへ

応援メッセージ

各務原市民球場

7月15日 第1試合(9:00) Aブロック 2回戦

多治見工 - 岐阜各務野
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
多治見工 0 0 0 0 1 0 0 1
岐阜各務野 4 0 1 3 0 0 x 8

7回コールドゲーム

(多)井沢、成瀬−水口
(岐)市川、田中−三浦

 岐阜各務野が多治見工を投打で圧倒し、七回コールド勝ちを収めた。
 岐阜各務野は一回、2死一、二塁から、小林の中前適時打、松本の中越え三塁打などで4点を先制。四回にも、三浦の左前適時打や丹羽の左越え二塁打で3点を追加するなど終始、試合を優位に進めた。
 多治見工は、一回に2死満塁の好機を生かせなかった。

7月15日 第2試合(11:30) Bブロック 2回戦

大垣東 - 岐阜第一
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
大垣東 0 0 0 3 0 0 0 3
岐阜第一 0 0 2 0 0 0 8x 10

7回コールドゲーム

(大)高橋、片田、坪井−大平
(岐)平井、伊加利−片桐

 岐阜第一が終盤の大量得点で、大垣東にコールド勝ちした。
 岐阜第一は三回2死二、三塁、大橋の左越え二塁打で2点を先制。七回、5安打の猛攻と5四死球など打者一巡の攻撃で、一気に試合を決めた。投げては、五回から登板した伊加利が5奪三振、無安打の力投を見せた。
 大垣東は四回、一時リードするも、流れをつかみきれなかった。

7月15日 第3試合(14:00) Bブロック 2回戦

飛騨高山 - 各務原西
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
飛騨高山 1 0 0 0 1 0 0 0 2 4
各務原西 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1

(飛)橋本−山本
(各)阿知波、清水、岩田−田中

 飛騨高山が着実に加点し、各務原西に競り勝った。
 飛騨高山は五回1死一、三塁、前田の犠飛で1点を追加。九回1死二、三塁から柚原の適時打と四死球で2得点し、試合を決めた。投げては、橋本が相手打線を2安打に抑える好投だった。
 各務原西は六回1死三塁、清水のスクイズで1点差に詰め寄ったが、後が続かなかった。


大垣市北公園野球場

7月15日 第1試合(9:00) Aブロック 2回戦

大垣日大 - 麗澤瑞浪
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
大垣日大 0 0 0 3 1 1 2 7
麗澤瑞浪 0 0 0 0 0 0 0 0

7回コールドゲーム

(大)修行、内藤−日高
(麗)西村、井野、三尾−原

 10安打と打線好調の大垣日大が麗沢瑞浪をコールドで退け、連覇に向けて好発進を切った。
 大垣日大は四回1死から四死球で好機をつくり、中山と小野寺の連続二塁打で3点を先制。五回以降も毎回、追加点を奪って圧倒した。先発の修行は尻上がりに調子を上げ、内藤との継投で零封した。
 麗沢瑞浪は散発3安打と打線が振るわなかった。

7月15日 第2試合(11:30) Bブロック 2回戦

土岐紅陵 - 大垣工
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
土岐紅陵 0 0 0 0 0 0 1 0 1 2
大垣工 0 0 4 0 0 1 2 0 x 7

(土)西尾、小木曽−加藤遼
(大)佐藤、多田−林

 序盤の長打攻勢で勢いに乗った大垣工が、土岐紅陵に快勝した。
 大垣工は三回、佐藤、水谷、平野の三者連続の三塁打などで4点を先制。六、七回にも追加点を奪い、計14安打で打ち勝った。
 土岐紅陵は七回と九回に長打を絡めて1点ずつを返して意地を見せたが、序盤の失点が響いた。

7月15日 第3試合(14:00) Bブロック 2回戦

大垣南 - 多治見
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
大垣南 0 2 0 0 1 0 1 0 0 4
多治見 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1

(大)臼井、北村−大沢
(多)柘植、今井、前田−横山

 大垣南の臼井が九回1死まで無安打の快投で試合の流れを引き寄せ、継投で多治見の反撃を振り切った。
 大垣南は二回、冨満と松永の適時打で2点を先制。7犠打飛を絡めた手堅い攻撃で着実に加点した。先発の臼井は8奪三振の力投で九回2死から継投した北村が後続を断った。
 多治見は九回1死からチーム初安打で1点を返し、なお2死満塁まで粘ったが、及ばなかった。


関市民球場

7月15日 第1試合(10:00) Bブロック 2回戦

郡上 - 不破
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
郡上 1 3 0 9 1 14
不破 2 0 0 0 0 2

5回コールドゲーム

(郡)小林−若山
(不)大山、山川−味岡、小松
本塁打 清水(郡)

 郡上が大量得点で、不破にコールド勝ちした。
 郡上は一回、四球で出塁した先頭の村瀬が、石川の右前打で先制のホームを踏んだ。四回には清水のランニング本塁打や小林の三塁打などで9点を挙げた。
 不破は一回に大山の三塁打と、続く水谷の二塁打で2点を挙げ、一時は郡上を逆転したものの、その後が続かなかった。

7月15日 第2試合(12:30) Aブロック 2回戦

武義 - 美濃加茂
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
武義 0 0 2 0 0 0 2
美濃加茂 0 0 4 2 4 3x 13

6回コールドゲーム

(武)林、石田、林−河合
(美)坂本、丹羽−二村
本塁打 二村(美)

 美濃加茂が中盤から着実に得点を重ね、コールド勝ちした。
 美濃加茂は2点を追う三回、三連打などで4得点し、逆転。その後も加点し、六回には岩井の三塁打で1点を加え、続く二村の2点本塁打で試合を決めた。
 武義は三回に2点を先制。六回には三連続四死球で、無死満塁の好機を得たが、得点に結び付けられなかった。


土岐市総合公園野球場

7月15日 第1試合(10:00) Aブロック 2回戦

中京学院大中京 - 羽島北
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
中京学院大中京 0 0 6 1 0 2 4 13
羽島北 0 0 0 0 0 0 1 1

7回コールドゲーム

(中)不後、岡本−藤田健
(羽)吉村辰、田島−長田
本塁打 藤田健(中)

 中京院中京が羽島北にコールド勝ちした。
 中京院中京は三回、1死一、三塁から、藤田健の本塁打など、打者10人の猛攻で6点を挙げた。投げては不後が6回を被安打3、12奪三振の好投を見せた。
 羽島北は七回に藪野が左越え二塁打で出塁し、長田の適時打で1点を返したが、後が続かなかった。

7月15日 第2試合(12:30) Aブロック 2回戦

瑞浪 - 各務原
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
瑞浪 1 1 0 0 2 0 1 0 0 5
各務原 1 1 1 0 1 0 0 5 x 9

(瑞)下広、渡辺、岩井−大竹
(各)熊井、棚橋、纐纈−吉原

 各務原が終盤に大量得点し瑞浪を振り切った。
 各務原は八回に同点に追いつき、さらに1死満塁の好機に、吉原が中前打を放って2得点し、突き放した。投げては熊井、棚橋、纐纈の継投で抑えた。
 瑞浪は1点を追う五回、2死三塁から下広、渡辺の連続二塁打で逆転したが、その後は得点を重ねられなかった。


大野レインボースタジアム

7月15日 第1試合(9:00) Aブロック 2回戦

八百津 - 岐阜工
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
八百津 0 0 0 1 0 0 0 1
岐阜工 1 2 0 0 7 0 x 10

7回コールドゲーム

(八)渡辺、高木−川合竣
(岐)小酒井−井上

 岐阜工が中盤の大量得点で圧倒し、コールド勝ちした。
 岐阜工は一回、花井の中犠飛で先制。二回に永瀬の二塁打などで2点、五回には谷之口の左前打を皮切りに7長短打、打者12人の攻撃で一気に7点を追加して、突き放した。
 八百津は四回、尾方の中前適時打で1点を返すにとどまった。

7月15日 第2試合(11:30) Bブロック 2回戦

中津 - 池田
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
中津 1 0 0 0 2 3
池田 7 1 0 0 5x 13

5回コールドゲーム

(中)岩瀬、市岡、渡辺−三尾
(池)山添、石崎−宇納
本塁打 星野(池)

 池田が序盤の大量得点で引き離し、五回コールド勝ちした。
 池田は一回先制を許した直後の1死二、三塁から星野の左越え本塁打で逆転。さらに宇納の二塁打などで攻め立て、一気に7点を挙げて勢いづいた。五回には7長短打を集め試合を決めた。
 中津は一回表に敵失で1点を先制。五回にも2点を返し食い下がったが、及ばなかった。

7月15日 第3試合(14:00) Bブロック 2回戦

本巣松陽 - 岐山
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
本巣松陽 0 0 0 0 0 1 0 0 0 1
岐山 1 3 1 2 0 0 0 0 x 7

(本)長屋−鷲見
(岐)早野−広瀬
本塁打 広瀬(岐)

 岐山が序盤から、着実に得点を積み重ねて勝利した。
 岐山は一回、2死二、三塁から敵失で1点を先制。その後も、四死球などで得た好機を逃さずに、加点を続けた。四回には、2死三塁から広瀬が本塁打を放ち、ダメ押しの2点を追加した。
 本巣松陽は六回に1点を返したが、後が続かなかった。


KYBスタジアム

7月15日 第1試合(9:00) Bブロック 2回戦

岐阜東 - 帝京大可児
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
岐阜東 1 0 0 0 0 1 0 2
帝京大可児 2 0 0 1 5 0 1x 9

7回コールドゲーム

(岐)西垣、玉井−長屋
(帝)堀川、則兼、近藤−仙石

 帝京大可児が中盤に大量得点し、岐阜東にコールド勝ちした。
 帝京大可児は1点を先制された直後の一回、2死満塁から仙石が中前に逆転の2点適時打を放って勢いをつけた。五回には、稲川裕の二塁打や仙石の三塁打を皮切りに打線をつなぎ、一気に5点を追加して突き放した。
 岐阜東は一回、薄田の適時打で先制し、六回にも犠飛で1点を返したが、及ばなかった。

7月15日 第2試合(11:30) Aブロック 2回戦

斐太 - 高山西
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
斐太 1 0 0 2 1 0 0 0 0 4
高山西 0 0 0 2 2 0 0 0 1 5

(斐)田中佑、斉藤−田中優
(高)奥田来、奥田春−永田

 高山西が接戦を制し、斐太にサヨナラ勝ちした。
 高山西は2点を追う五回、丸田の左中間への適時二塁打で同点に追い付いた。九回に、四球で出塁した川上が根津の犠飛で生還し、勝負を決めた。投げては五回から継投した奥田春が粘投し、勝利を引き寄せた。
 斐太は諏訪、田中優の三塁打などで得点を重ねたが、あと一歩及ばなかった。

7月15日 第3試合(14:00) Aブロック 2回戦

可児工 - 飛騨神岡
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
可児工 2 0 1 0 0 0 0 0 0 3
飛騨神岡 0 0 0 1 0 0 2 4 x 7

(可)贄、山本勇、丹生−畑佐
(飛)青山−米沢

 粘る飛騨神岡が終盤に大量得点し、可児工に逆転勝ちした。
 飛騨神岡は七回、足をからめた攻撃で出塁を重ねると、松田が中前に2点適時打を放って同点に。八回には、堀田蓮の適時打を皮切りに打線がつながり、一挙に4得点して、相手を突き放した。
 可児工は一回、相手の守備の乱れを突いて2点を先制したが、後半は勢いに乗れなかった。


  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
31 ℃/--
東京
曇り
28 ℃/--
大阪
晴れ
30 ℃/--
  • 名神, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集