第100回全国高校野球選手権 三重大会 高校野球TOPへ

津西 ( Cブロック)

トーナメント表 44

7月18日 第1試合(10:00) Cブロック 2回戦 津市営球場

津西 - 津商
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
津西 0 0 0 0 0 0 1 1
津商 1 0 2 5 1 0 x 9

7回コールドゲーム

(西)京谷、光太、京谷−西山
(商)服部恭、木村−服部哲
本塁打 山本(西)

 津商は序盤から着実に得点を重ね、津西に七回コールド勝ち。
 津商は3点リードで迎えた四回、1死満塁から広の中前適時打で1点を追加し、続く服部哲の走者一掃の中越え三塁打などで5点を奪い試合の大勢を決めた。先発服部恭は六回までを0点で抑えた。
 津西は一回の2死満塁を生かせず流れに乗れなかった。

7月16日 第2試合(12:30) Cブロック 1回戦 津市営球場

青山・桜丘 - 津西
試合終了
  1 2 3 4 5 6 7 8 9
青山・桜丘 0 0 0 0 0 0
津西 3 12 2 2 x 19

5回コールドゲーム

(青)渡部、中居戸−中居戸、岩田
(津)吉村、吉本−西山、今西
本塁打 京谷(津)

 津西が18安打の猛攻で青山・桜丘を圧倒し、五回コールド勝ち。
 津西は一回、京谷の右越え本塁打などで先制。二回には井上、中森、京谷の三塁打など打者17人の猛攻で一挙12得点し、試合を決めた。投げては、吉村と吉本の継投で2安打に封じ込めた。
 青山・桜丘は投手陣が踏ん張れず、打線も11三振を奪われ沈黙した。

ピックアップ

  • 中日ボイス『五輪延期に賛成反対?』
  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集