第101回全国高校野球選手権 福井大会 高校野球TOPへ

敦賀気比、一丸で頂点

2019/7/25

2年連続9回目の甲子園出場を決め、喜びを爆発させる敦賀気比の選手たち=福井市の県営球場で

2年連続9回目の甲子園出場を決め、喜びを爆発させる敦賀気比の選手たち=福井市の県営球場で

 第101回全国高校野球選手権福井大会は25日、福井市の県営球場で決勝が行われ、敦賀気比が3−0で丹生に勝ち、2年連続9回目となる夏の甲子園出場を決めた。
 
 敦賀気比はエース笠島尚樹投手(2年)が140キロ台の直球に変化球を織り交ぜ、被安打5で完封した。打線は三回1死満塁から、杉田翔太郎選手(三年)の左中間二塁打と木下元秀選手(同)の右犠飛で3得点した。初優勝を狙った丹生は、プロ注目左腕の玉村昇悟投手(同)が10奪三振と好投したが、打線が援護できなかった。玉村投手は今大会で計52奪三振を記録し、2009年以来、10年ぶりに大会最多奪三振を更新した。

応援メッセージ
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
35 ℃/27 ℃
東京
曇り時々晴れ
33 ℃/27 ℃
大阪
曇り時々晴れ
34 ℃/27 ℃
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集