元名大院生「アカハラ被害」訴え 名古屋地裁に賠償請求

2019/3/15 9:04

 十分な指導を受けられないといったアカデミックハラスメントに遭い、博士号を取得できなかったなどとして、名古屋大大学院医学系研究科(名古屋市昭和区)の大学院生だった30代の男性が、指導者の50代の准教授と名大に、560万円の損害賠償などを求める訴えを名古屋地裁に起こしたことが分かった。14日に第1回口頭弁論があり、名大側は争う姿勢を示した。

(ここまで 170文字/記事全文 521文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇り時々雨
12 ℃/--
東京
曇り時々晴れ
18 ℃/--
大阪
曇り時々雨
12 ℃/--
  • 東名, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集