ハンセン病家族補償へ法整備検討 政府、原告と協議

2019/7/13 1:07

 記者会見するハンセン病家族訴訟の原告・弁護団ら=12日午後、国会

 ハンセン病元患者の隔離政策で差別被害を受けた全ての家族の補償に向け、政府が、現行のハンセン病問題基本法の改正など法整備を検討することが12日、関係者への取材で分かった。来週にも作業を本格化させる。熊本訴訟の原告・弁護団は「深く反省し、心からおわび申し上げる」との首相談話を高く評価し、協議の場を設けたいとする政府に応じる方針。熊本地裁が請求を棄却した原告20人についても控訴せず、訴訟を終結させると表明。控訴期限の12日を過ぎ、国が敗訴した判決が確定した。

(ここまで 229文字/記事全文 272文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り時々雨
29 ℃/24 ℃
東京
曇り
28 ℃/22 ℃
大阪
曇りのち雨
32 ℃/23 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集