小5から現金「いじめ」 名古屋市教委、重大事態と認定

2019/12/2 22:41

 名古屋市教委は2日、市立小学校に通う小学5年男子児童が6人の同級生に要求され、ショッピングモールでゲーム代や飲食代計10万〜20万円を支払っていたと発表した。市教委は一連の行為をいじめ防止対策推進法で定める重大事態と認定し、さらに調査を進める方針を表明した。しかし、両者間で謝罪が済んでいたことなどから、市教委は2日に一部メディアが今回の事案を報じるまで「解決済み」と判断し、積極的な対応をとろうとしていなかった。

(ここまで 208文字/記事全文 564文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報

ピックアップ

  • 中日ボイス『会社の忘年会、あなたは出る?出ない?』
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
13 ℃/5 ℃
東京
晴れ後曇り
12 ℃/3 ℃
大阪
晴れ後時々曇り
16 ℃/4 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集