イラン制裁復活へ手続き発動 英仏独、核合意存続さらに困難に

2020/1/14 22:28

 14日、イラン・テヘランでの会合で発言するロウハニ大統領(イラン大統領府提供、AP=共同)

 【テヘラン共同】イラン核合意を巡り、英仏独3カ国は14日、国連の対イラン制裁復活に道を開く「紛争解決手続き」を発動したと発表した。イランは反発を強めており、米イラン対立の高まりを背景に崩壊の瀬戸際にある核合意は、存続が一段と困難になった。欧州側は発動でイランに圧力をかけ、合意義務の全面履行を迫る狙い。合意存続を目指す欧州は、捨て身の賭けに出た。

(ここまで 174文字/記事全文 279文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
11 ℃/4 ℃
東京
晴れ
11 ℃/3 ℃
大阪
晴れ時々曇り
11 ℃/7 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集