コラム・小説・漫画

認知症、70代「6%減」目標 政府新大綱、初の数値設定 

2019/5/15 夕刊

 政府は、認知症の人数を抑制するための数値目標を初めて設定する方針を固めた。数値目標は二〇二五年までの六年間に、七十代の人口に占める認知症の人の割合を6%減らす案で調整している。予防を推進し、発症する年齢を遅らせることで社会保障費の増加を防ぐのが狙い。今夏、新たに策定する認知症の大綱に明記する方針だ。関係者が十五日、明らかにした。

 政府は十六日に専門家らの有識者会議を開催し、数値目標の案を示す。

 二五年には六十五歳以上の五人に一人に当たる約七百万人が認知症になるとの推計がある。これまでの政策は、認知症になっても自分らしく暮らせる社会を目指す「共生」を柱としてきたが、認知症の「予防」にも力点を置く。

 具体的には、運動や社会参加が予防につながる可能性があるとして、公民館など身近な地域の運動教室の普及などを想定している。ただ、認知症の予防策に関する科学的な根拠は不十分なため、研究も同時に進める。

 認知症の政策では、政府は一五年に国家戦略(新オレンジプラン)を策定し、市民サポーターの養成など認知症の人の生活を支える施策を進めてきた。二五年には、団塊世代全員が七十五歳以上の後期高齢者となるため、取り組みを強化する。

 大綱が新オレンジプランに代わる形で、各省庁ごとに施策の数値目標を盛り込み、今夏、菅義偉官房長官を議長とした関係閣僚会議で決定する。

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
30 ℃/14 ℃
東京
晴れ後時々曇り
28 ℃/15 ℃
大阪
晴れ
28 ℃/15 ℃
  • 名神, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集