コラム・小説・漫画

G20に大阪ピリピリ 交通規制、検問スタート 

2019/6/27 夕刊

 二十カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)の開催が二十八日に迫った。大阪市では二十七日、大規模な交通規制や検問がスタート。主要駅や空港では厳戒態勢が敷かれ、学校は休みになり営業を取りやめる商業施設も。日本で初めてのG20サミットに歓迎ムードがある一方、早くも「商売あがったりや」との声もあり、市民の反応はさまざまだ。

 安倍晋三首相は二十七日、大阪に移動した。羽田空港を出発前、「自由貿易の推進やデジタル経済のルール作り、環境・地球規模課題への貢献や女性の活躍について、G20として力強いメッセージを発出したい」と述べ、議長役として存在感発揮を狙う考えを示した。

 関西空港には二十七日、インドのモディ首相やアルゼンチンのマクリ大統領、中国の習近平(しゅうきんぺい)国家主席らが到着した。習氏は就任後初の日本訪問。トランプ米大統領ら他の首脳らも二十七日中に次々と大阪入りする予定だ。

 大阪府警は二十七日午前六時、阪神高速道路環状線などの通行止めを始めた。二十七日の交通規制は午後十時ごろまで続く見込み。期間は三十日までの四日間で、区間は十路線計約百六十キロに上る。

 主会場の国際展示場「インテックス大阪」がある大阪市住之江区の人工島・咲洲(さきしま)近くでは全車両が検問対象。午前八時半ごろには警察官ら約百人が検問を実施した。一般道も終日、渋滞が懸念されるが、二十七日午前は目立った混雑はなかった。府警は「交通総量抑制に効果があった」としている。

 通学に支障が出るとして大阪市は、全ての市立小中高、幼稚園で二十七、二十八日の休校と休園を決定。大阪府立の中高や支援学校も休校になった。

 西日本には台風に変わる可能性がある熱帯低気圧が近づいており、大雨などによる交通への影響が懸念される。

 関西空港には全国から警察官が応援に入り、目を光らせている。

 二十六日に空港にいたタクシー運転手木村隆之さん(47)は「高速道路が通行止めになるから大阪市内に行くのに何時間もかかる。商売あがったりや」とぼやいた。

 首脳らが宿泊するホテルがある大阪市中心部でも「特別警戒中」と書かれた腕章を着けた警備員が目立ち、緊張した空気が漂った。

PR情報

アクセスランキング 17:00更新 もっと見る

  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り一時雨
32 ℃/24 ℃
東京
曇り一時雨
27 ℃/22 ℃
大阪
曇り時々晴れ
31 ℃/25 ℃
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集