ラグビーW杯、12日の2試合中止 日本戦は13日朝結論 

2019/10/11 朝刊

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で十日、台風19号の接近のため、十二日に予定されていた一次リーグB組のニュージーランド−イタリア(愛知・豊田スタジアム)と、C組のイングランド−フランス(横浜・日産スタジアム)の中止が決まった。一九八七年から四年に一度開催のW杯は今大会が九回目で、試合中止は史上初。当該二試合は引き分け扱いとなった。中止の試合のチケット代は全額が返金される。

 W杯組織委員会は日本−スコットランド(日産ス)など十三日に予定の四試合について開催に向け努力し、当日朝に結論を出す方針。嶋津昭事務総長は「安全性を十分に調査した上で判断したい」と話した。

 イタリアは決勝トーナメント進出の可能性を残していたが、試合中止で一次リーグ敗退となった。今大会限りで代表を引退するセルジオ・パリセ主将は「(主催側は)代替案を考えておくべきだった」と無念の表情。コナー・オシェイ監督も「今の気持ちを言葉で伝えるのは難しい」と落胆した。

PR情報

アクセスランキング 7:00更新 もっと見る

ピックアップ

  • 中日ボイス『札幌で「五輪マラソン」賛成?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち雨
24 ℃/--
東京
曇りのち一時雨
22 ℃/--
大阪
曇りのち雨
24 ℃/--
  • 東名, 名神, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集