コラム・小説・漫画 中日春秋

中日春秋 

2019/12/8 紙面から

 「なんだって、あんなやつと一緒になってンだい」。そう聞かれたおかみさん、「だってさぶいンだもん」。おなじみ、古今亭志ん生の「厩(うまや)火事」のまくら。見込みのない男だろうと一緒にいれば、冬の晩でも身も心も温かい。笑いとともにしみじみとした夫婦の情愛が伝わってくる

▼娘の美濃部美津子さんが『おしまいの噺(はなし)』に貧しい時代の寒さしのぎ策を書いていた。すきま風が入ってくる寒い家だが、火鉢は使わぬ。火にくべた炭を三つほど入れた台に布団をかけて「みんなであたるの。もう体くっつけあって」。あの「さぶいンだもん」につながる

▼原因は未婚化の加速。そう聞けば、温め合えず、「さぶい」ままの若者たちが浮かぶ。厚労省によると二〇一九年に生まれた赤ちゃんの数が一八九九年の統計開始から初めて九十万人を割り込むことが確実になったという

▼ベビーブームの一九四七年から四九年の出生数は二百六十万人台。それがついには九十万人にも届かぬ。深刻さが分かる

▼社会保障制度が維持できぬと若い人に文句を言うのはお門違いである。結婚したくてもできない。そういう経済、社会状況をこしらえ、解決策を見つけられなかったのは彼らではない

▼「令和」を待って結婚する風潮があったとうわさに聞く。さすれば、来年あたりの出生数も少しはと期待したくなるが、日本の「さぶい」は厳しい。

(ここまで 567文字/記事全文 567文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り時々雨
11 ℃/5 ℃
東京
曇りのち時々雨
8 ℃/4 ℃
大阪
雨のち曇り
13 ℃/8 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集