水害体験施設を新設へ 名古屋市下水道科学館 

2020/1/14 紙面から

災害体験施設のイメージ図。水圧で開きにくくなったドアを想定した展示物(左)と、水で歩きにくくなった道路を想定した施設(右)=名古屋市上下水道局提供

災害体験施設のイメージ図。水圧で開きにくくなったドアを想定した展示物(左)と、水で歩きにくくなった道路を想定した施設(右)=名古屋市上下水道局提供

 名古屋市が水害を体験できる施設を市下水道科学館(名古屋市北区名城一)に新設することが分かった。近く発表する。冠水して歩きにくくなった道路を想定したプールのほか、浸水による水圧で開きにくくなったドアを模した展示物などを設ける。市上下水道局の担当者は「体験を通じて、災害に備えてもらうきっかけにしてほしい」と話している。

(ここまで 159文字/記事全文 682文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
11 ℃/4 ℃
東京
晴れ
11 ℃/3 ℃
大阪
晴れ時々曇り
11 ℃/7 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集