正代と徳勝龍、1敗をキープ 大相撲初場所11日目 

2020/1/23 朝刊

 大関貴景勝は平幕宝富士を押し出し2敗を守った。平幕の正代、徳勝龍が1敗を保ち、首位をキープ。正代は新小結大栄翔を押し出し、徳勝龍は碧山を突き落とした。大栄翔は負け越し。日本相撲協会広報部によると、11日目を終えて平幕2人が首位に立つのは1956年夏場所の双ツ竜と大晃以来64年ぶり。

(ここまで 142文字/記事全文 1015文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
12 ℃/1 ℃
東京
晴れ後曇り
13 ℃/3 ℃
大阪
晴れ時々曇り
11 ℃/3 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集