「シュール」って?絵で探る ポーラ美術館「シュルレアリスム」展 

2020/1/24 朝刊

ダリの「姿の見えない眠る人、馬、獅子」を解説する東海林洋学芸員。ダリは一つの形からいくつものイメージが浮かぶような想像世界を描いた=神奈川県箱根町のポーラ美術館で

 「なんかシュールな人だね」「あの笑い、シュールすぎない?」。日常会話の中でよく使われるカタカナ語の一つ、「シュール」。美術などで使われる言葉「シュールレアリスム」の略語であると、ご存じだろうか。神奈川県箱根町のポーラ美術館で開かれている「シュルレアリスムと絵画−ダリ、エルンストと日本の『シュール』」展を通して、言葉の源流を探ってみた。

(ここまで 169文字/記事全文 1457文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
14 ℃/2 ℃
東京
曇り
13 ℃/4 ℃
大阪
曇りのち晴れ
12 ℃/4 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集