新型肺炎で国内初の死者 神奈川・80代女性、死亡後に感染確認 

2020/2/14 朝刊

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID(コビッド)19)問題で厚生労働省は十三日、ウイルスに感染した神奈川県在住の八十代の日本人女性が死亡したと発表した。国内で死者が出たのは初めて。死亡後に感染が確認された。加藤勝信厚労相は記者会見し、感染経路は不明とした上で「最近の渡航歴はなく、国内で感染した可能性を踏まえ調査する」と述べた。「国内で流行しているという疫学的な情報は集まっていない」とも語った。

 国内では軽症の患者が多いとされたが、高齢者などには深刻な感染症だと改めて浮き彫りとなった。最近は流行地域への滞在歴がなくても自治体の判断で検査を実施しており、今後も滞在歴のない感染者が見つかる可能性がある。

 厚労省によると、女性は一月二十二日に倦怠(けんたい)感を認め、二十八日に医療機関を受診。二月一日に肺炎と診断され別の医療機関に入院した。六日ごろから呼吸状態が悪化し、十三日に死亡した。十二日に女性から採取した検体で検査を実施し、死亡後に陽性と確認された。

 このほか、和歌山県の男性外科医と東京都内のタクシー運転手の男性、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で日本人二十九人を含む四十四人の感染が判明した。千葉でも一人が感染。国内の感染確認は死亡した女性を含め二百五十一人となった。

 政府関係者によると、亡くなった神奈川県の女性は、感染が確認された東京都のタクシー運転手の義理の母親だという。

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇りのち雨
10 ℃/--
東京
晴れ後曇り
14 ℃/--
大阪
雨時々止む
9 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集